スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
福祉仮設住宅に彩り 外壁に色付き鋼板設置 石巻
2012 / 11 / 05 ( Mon )
福祉仮設住宅に彩り 外壁に色付き鋼板設置 石巻

 東日本大震災で被災した障害者とその家族が暮らす宮城県石巻市須江のケア付き福祉仮設住宅「小国の郷(さと)」で、外壁に桜色と若葉色の鋼板が設置された。東京の鋼板メーカーなどが寄贈し、6日に現地で完工セレモニーが行われる。
 小国の郷では障害者と家族約100人が暮らし、常駐するスタッフが自立支援に当たる。色付き鋼板は「色彩の力で仮設の暮らしを快適にしたい」と、JFE鋼板(東京)など2社が設置した。
 同社などは東北大の心理学の専門家から助言を仰ぎ、「幸福感をもたらしたり、心身を穏やかにしたりする効果がある」とされる淡い桜色と若葉色を選択。仮設住宅10棟の外壁を覆う約800平方メートル分の鋼板を提供し、設置作業も請け負った。

続きはこちら・・・
17 : 57 : 34 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
福祉の谷間、居場所作る 高次脳機能障害
2012 / 11 / 01 ( Thu )
福祉の谷間、居場所作る 高次脳機能障害

 20年前、ぜんそくの発作で生死をさまよった息子の脳に重い障害が残った。だが障害者には認定されず、何の支援もない「福祉の谷間」に陥った。母が将来への不安を抱えながら行政や地域に働きかけるうち、わずかに光明が見えてきた。

 稲城市に住む田辺和子さん(67)。次男の大輔さん(41)は1992年、ぜんそくの発作が原因で低酸素脳症になり、その後遺症で高次脳機能障害になった。病気や事故などで脳がダメージを受けた結果の認知障害だが、当時はほとんど知られていなかった。

続きはこちら・・・
17 : 53 : 21 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
福祉送迎バス 安全運転講習会
2012 / 10 / 30 ( Tue )
福祉送迎バス 安全運転講習会

体の不自由な高齢者や、障害がある人の送迎をする福祉施設のドライバーを対象にした安全講習会が、富山市の自動車販売店でおこなわれました。

 講習会を開催した中田モータースは、福祉車両の修理を専門の整備士がおこなう、県内でも数少ない販売店です。

 2回目となった今年は、県内のデイサービスなどで利用者の送迎をおこなうドライバー20人が参加し、講師役の整備士から、まずは車いすのリフトが動かなくなったときの対処法を教わりました。

続きはこちら・・・
21 : 51 : 57 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
古着などの提供を、障害者福祉施設
2012 / 10 / 29 ( Mon )
古着などの提供を、障害者福祉施設

 機械油などをふき取る工業用ぞうきん(ウエス)を作っている、障害者就労継続支援施設「もぐら工房」(新潟市西区坂井)が、材料の古着や布の提供を呼び掛けている。これまで、市内の公共施設や店舗などに回収箱を置き集めてきたが、近年はリサイクルショップの増加や、不景気の影響などで減少が続いていた。


続きはこちら・・・
20 : 27 : 19 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
視覚障害者にがん情報を提供 点訳、音訳進め普及へ
2012 / 10 / 25 ( Thu )
視覚障害者にがん情報を提供 点訳、音訳進め普及へ

国立がん研究センターと堺市立健康福祉プラザ視覚・聴覚障害者センターは協力して、がん関連情報を視覚障害者に提供することになった。両者の知識やネットワークを生かし、がんの特徴や療養について解説した冊子の点字版と音声版を製作、点字図書館や拠点病院を通じて普及を図る。

続きはこちら・・・
17 : 40 : 50 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。