スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
コンサート:宮崎市の内田さん、失明体験語る 障害バネに前向き人生
2011 / 10 / 17 ( Mon )
コンサート:宮崎市の内田さん、失明体験語る 障害バネに前向き人生

 ◇30代半ばで網膜の病気 人との出会いで成長

 進行性の難病で視力を失った宮崎市の内田久男さん(62)が13日、同市下北方町の新城眼科医院の一室でコンサートを開いた。病気と向き合った体験談も交えてギター演奏と歌を披露し、入院患者ら約20人が耳を傾けた。

 内田さんは30代半ばに網膜の病気が判明。医師から、徐々に視力を失い、50代で失明すると告げられた。子供の頃に中耳炎を患った影響で、耳も遠い。絶望を抱えて暮らした。

 知人の誘いで「気晴らしに」とジョギングを始めた。走っていれば悩みを忘れた。フルマラソンへの完走を目標に距離を伸ばし、48歳の時、実現した。

 同じ頃、若い頃にかじったギター演奏にも取り組んだ。楽譜を拡大コピーし、ルーぺを使って必死に覚えた。やがて見えなくなったが、弾き語りができるようになり、自ら同医院に頼んでコンサートを開いたのが7年前。以来、年1回の定例コンサートとなった。

続きはこちら・・・
00 : 23 : 41 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<教職員の障害児への性暴力で波紋 韓国の実話映画「トガニ」 | ホーム | 手作り地蔵で 東北に安らぎ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/964-ff80db1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。