スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
空き店舗の交流施設が1日オープン 串本町の商店街
2011 / 06 / 30 ( Thu )
空き店舗の交流施設が1日オープン 串本町の商店街

 NPO潮岬おもしろらんど体験学習推進協議会(藤本光弥会長)は7月1日、和歌山県串本町串本の商店街「商栄会通り」にある空き店舗に、地域住民の交流の場となる「和家(なごみハウス)かんりん」をオープンする。本や手作り作品が並び、飲食もできる。藤本会長(71)は「誰でも気軽に楽しく利用してもらい、商店街の活性化につながれば」と話している。

 高齢化などで商店街に年々空き店舗が増えていく中、書店だった空き店舗の1階部分を安く借りることができたため、地域のコミュニティーサロンとして利用してもらおうと企画した。元の店名「神林書店」から名付けた。

 和家かんりんには、以前から置いていた本や、NPOの会員らが持ち寄った本が並ぶ。食器やポットを置き、お茶やコーヒーなどを飲みながら一服することもできる。利用は無料なので団体の会合にも使ってもらいたいという。

続きはこちら・・・
01 : 01 : 04 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<介護職が視覚障害者「同行援護」のサ責要件- 新サービスで厚労省案 | ホーム | 難病患者の障害者手帳取得66% 制度知らずが多数>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/886-bf4ae569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。