スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
福祉製品を共同開発 一戸・子どもの森と障害者施設
2011 / 06 / 05 ( Sun )
福祉製品を共同開発 一戸・子どもの森と障害者施設

 一戸町奥中山の県立児童館いわて子どもの森と二戸地域の障害者福祉施設は、同館のキャラクター商品を連携して開発し、今月下旬から本格的に販売を開始する。既にメモ帳やエコバッグ、クッキーなどを試験販売し、人気を集めている。関係者は、利用者の工賃アップと就労機会の確保につながることを期待している。

 商品開発は、来館者からキャラクター商品販売の要望を受け、県北広域振興局二戸保健福祉環境センターが仲介して実現。商品には、同館のキャラクター「ぽけっとりー」と、ぽけっとりーの仲間をデザインした。

 二戸市と一戸町の4事業所が、奥中山高原せんべい、メモ帳、南部せんべい、エコバッグ、クッキー、大判焼き、ストラップの7商品を開発し、5月から同館で試験販売を始めている。

 今月下旬からは、新たに二戸市内の2事業所が、バッジやシール、クリアファイルなどを販売する予定で、福祉施設との連携はさらに広がりそうだ。

続きはこちら・・・
01 : 11 : 18 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<全国盲人福祉大会:災害時の障害者対応を | ホーム | 東上きのこ苑:栽培所が開所 障害者雇用拡大目指す>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/867-400c40ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。