スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
ハンディ持つ学生起業家が開発「障害者に優しい復興計画を」
2011 / 05 / 03 ( Tue )
パンク強い車いす…ハンディ持つ学生起業家が開発「障害者に優しい復興計画を」

 東日本大震災の被災地で不自由な生活を余儀なくされている身体障害者を支援しようと、ベンチャー企業を営む立命館大4年の垣内俊哉さん(22)=大阪市北区=が、さびやパンク対策を強化した被災地仕様の車いすを開発し、現地に贈る活動を続けている。自身も病気のため小学生時代から車いすを使って生活しており、「使用者にとって車いすは『足』そのもの。少しでも安心につながれば」と発案。今後は「障害者に優しい復興プラン」も独自に提唱する予定だ。

続きはこちら・・・
23 : 25 : 09 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<知的障害者の就労支援兼ねアンテナショップ開店 | ホーム | 緊急地震速報…チャイムに苦心の音色 「ゴジラ」の検討も>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/842-52a3d70c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。