スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
聴覚障害者 出発準備
2011 / 03 / 21 ( Mon )
聴覚障害者 出発準備

◆聴覚障害者が心配

 Q 手話ボランティアをしています。聴覚障害者の方が孤立していないか心配です。

 A 災害時、音声による情報が得られない聴覚障害者には、聞こえる人にはない困難があります。大阪聴力障害者協会によると、阪神大震災のときには、避難所で情報が得られず、毛布やおにぎりが受け取れないケースがあったそうです。今回も、物資の情報や津波のこと、原子力発電所の状態など、すぐ知りたいことは多いはずです。

 厚生労働省の統計(2009年3月現在)では、障害者手帳をお持ちの聴覚障害者は、岩手県で約5100人、宮城県で約6100人、福島県で約7700人もおられます。

 全日本ろうあ連盟(東京都新宿区)には「手助けをしたい」という申し出がたくさん寄せられており、現地に拠点ができたら、手話ボランティアを募集する予定です。「もう少しお待ち下さい」とのことです。

◆被災地へ行く前に

 Q 被災地に、ボランティアの活動拠点ができてきました。行く前にすべきことは何ですか。

 A 仙台市のボランティアセンターでは、避難所での物資搬送や炊き出しの手伝いなどをする人の募集が始まりました。

続きはこちら・・・
22 : 54 : 46 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<自閉症の被災者 ケアの手引き | ホーム | 実習船「湘南丸」小名浜港に向け三崎漁港を出港>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/811-70b41491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。