スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
発達障害の悩みに対応、支援センター開設へ…岡山市
2010 / 12 / 08 ( Wed )
発達障害の悩みに対応、支援センター開設へ…岡山市

来秋 多様化対応 相談に力

 岡山県岡山市は、発達障害を持つ人と家族をサポートする「市発達障害者支援センター」(仮称)を2011年11月をめどに、同市北区春日町、市勤労者福祉センター1階に開設する方針を決めた。

 社会的関心の高まりなどを背景に、市立小中学校で発達障害の児童、生徒が増え、成人を含めた発達障害者の課題は多様化。市は「センターを中核に、市教委などと連携し、発達障害者や保護者の悩みに対応していきたい」としている。

 発達障害は、05年4月施行の発達障害者支援法の定義で、幼少期から現れる先天的な脳障害とされ、読み書きや計算が苦手な学習障害(LD)▽人との意思疎通がうまくできない自閉症やアスペルガー症候群▽不用意に行動してしまう注意欠陥・多動性障害(ADHD)――などに分類される。

 市の調査では、発達障害の子どもは09年度、市立小967人(08年度772人)、市立中191人(同164人)といずれも増加。このため市教委は10年4月、不登校などを担当する市教育相談室に、発達障害専門の分室を新設。保護者の電話相談に応じたり、教員に発達障害児への接し方を助言したりしている。

 一方、同法は都道府県や政令市に、発達障害者支援センターの設置を義務づけており、09年4月に政令市に移行した市は準備を進めてきた。センターの内容は、市こども企画課が検討中だが、相談業務や発達・就労支援、啓発・研修が柱になる見通し。担当の発達障害児相談主事や臨床心理士ら十数人を配置する予定だ。

続きはこちら・・・
22 : 02 : 09 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<全国障害者芸術・文化祭:個性作品、キラリ光る--あすから | ホーム | 両陛下 企業で働く障害者激励>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/723-d0078886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。