スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
聴覚障害、理解深めて 手話狂言や絵画展示
2010 / 09 / 01 ( Wed )
聴覚障害、理解深めて 手話狂言や絵画展示

 多様な芸術活動で聴覚障害への理解を深めてもらおうというイベント「ハッピーでふフェスタinあなん」が17日、阿南市市民会館で開かれる。県内では珍しい「手話狂言」の上演などがある。

 16~19日に徳島市など県内4市町で行われる「第44回全国ろうあ者体育大会」に合わせ開催。競技会場がない県南部にも来県選手らに足を運んでもらおうと阿南市が企画した。「でふ」は「耳が不自由な」の意味の英語「deaf」。

 女優の黒柳徹子さんが理事長を務める社会福祉法人「トット基金」(東京)が運営する「日本ろう者劇団」が、手話でせりふを表現する手話狂言を上演。せりふの発声もあるため、手話が分からなくても楽しめるという。上演は「梟山伏(ふくろうやまぶし)」と「附子(ぶす)」の2演目。

続きはこちら・・・
18 : 28 : 12 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<「逆境こそ楽しむ」 玖珠で広道純さん講演 | ホーム | 農業に障害者を雇用 事例が増える>>
コメント
--モバゲー--

夏休みも終わり、心にぽっかり空いた隙間を癒すのには人肌が一番。でもキッカケって中々無くて困りませんか?そんな時にモバゲーを使えば、手頃な距離の人との共通の趣味から盛り上がり一気にってことは、ザラに有ります。ぜひ一度どうですか
by: モバゲー * 2010/09/02 06:16 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/650-9e232e4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。