スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
不自由体感、工夫学ぶ 雫石町が小学生講座
2010 / 08 / 29 ( Sun )
不自由体感、工夫学ぶ 雫石町が小学生講座

雫石町は28日、同町上曽根田の町中央公民館で、町内の学童クラブを利用する小学生を対象にしたユニバーサルデザイン講座「ユニバーサルデザインにふれてみよう」を開いた。全3回講座の1回目で、キャップハンディ体験を行い目や耳、足が不自由な状況を体感。子どもたちは、障害者ら誰もが使いやすいデザインについて学んだ。

 6学童クラブの児童40人を含む約60人が参加。2班に分かれ視覚障害、難聴、車いすの三つの体験をした。

 視覚障害体験では、アイマスクを着けて館内の階段約20段を上った。子どもたちは、白いつえと足で段差の幅や高さを確かめながら慎重に歩を進めた。

 車いす体験は、2人一組で同公民館入り口脇のスロープを上り下りする内容。町ユニバーサルデザイン推進会議委員の高橋寛一さん(63)が「スロープは車いす利用者のほかに足の不自由な人も使う場所。使う人の背の高さに合わせて手すりも作られている」と説明し、ユニバーサルデザインが取り入れられていることを紹介した。

続きはこちら・・・
19 : 26 : 07 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<子育て応援ヘルパー派遣事業開始へ 今治市 | ホーム | スクリーンで映画を 障害ある子ら集め--北九州・戸畑>>
コメント
--モバゲー--

今夏最後の出会いはやっぱりモバゲー!ひと夏の思い出を作りたがっている女の子をお持ち帰りしちゃおう!
by: モバゲー * 2010/08/30 05:13 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/646-81087dfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。