スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
小川清子さん遺作展:障害者の「居場所」作りに奔走--益田
2010 / 07 / 14 ( Wed )
小川清子さん遺作展:障害者の「居場所」作りに奔走--益田 /島根

 益田市のNPO法人「息域スペース ポコ・ア・ポコ」理事長として、障害者福祉に取り組み、昨年7月に病死した小川清子さん(享年53歳)=同市遠田町=の遺作展が、同市駅前町の「小さなぎゃらりーうつわ」で開かれている。清子さんが作った陶芸やちぎり絵、田の土で作った地蔵のほか、手書きで発行し続けた「ポコ・ア・ポコ」の機関誌などを展示。31日まで(16日は定休)。

 元保育士の清子さんは、96年ごろから障害者の地域での「居場所」作りに奔走。当時、益田圏域には養護学校も通所施設もなく、「障害のある人も、ない人も一緒に集い、ゆったりと息のつける場に」と98年、同市駅前町に「息域スペース ポコ・ア・ポコ」を開設。07年にがんと分かり、闘病生活を送りつつも、がん患者と家族のサロン「悠サロンあーす」を作り、会報作りにも取り組んだ。

続きはこちら・・・
21 : 01 : 31 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<精神病患者が増加するスイス、同じ人が何度も救急病院に | ホーム | 五感を重視、自由な表現尊重 臨床美術を教育に応用>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/606-f663f33d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。