スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
身体的・精神的自立目指し「茶れんじど」 「今治療護園」にオープン
2010 / 06 / 02 ( Wed )
喫茶店:身体的・精神的自立目指し「茶れんじど」 「今治療護園」にオープン /愛媛
 ◇障害者施設「今治療護園」に、きょうオープン
 ◇地域貢献、交流の場に

 重度の身体障害者施設「今治療護園」(今治市町谷)が2日、一般の人が気軽に利用できる喫茶店を同園の一画にオープンする。名前は「茶(ちゃ)れんじど」。「神様から乗り越える使命を与えられた人(challenged)」という、米国で障害者を意味する言葉から命名した。地域への貢献とともに、利用者と施設外の人との交流から、より理解を進めるのが狙いだ。

 同園を運営する「今治福祉施設協会」の本宮健次郎理事長が発案した。本宮理事長は3年半前に脳梗塞(こうそく)を患い、右半身が不自由。「自分でやらにゃあ障害は乗り越えられない」ということを実感し、喫茶店の開店を思いついた。

 施設利用者の喫茶室だった約50平方メートルを使用。注文を聞いたり、客に飲み物を出したりといった仕事は主にボランティアらが行う。施設利用者は訪れた客に話しかけたりするなど「おもてなし」を担当する。地域の人とともに、同園の前を通るドライバーの利用も想定している。

続きはこちら・・・
21 : 08 : 48 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<障害者も水に親しんで 水陸両用車いす試乗式 | ホーム | 田名地域の高齢者や障害者支援へ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/566-ea732590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。