スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
雨の日でもぬれんとよ 車いすカバー開発
2010 / 04 / 28 ( Wed )
雨の日でもぬれんとよ 車いすカバー開発 福岡市の福祉団体とトヨタ系企業

 障害児保護者の会でNPO法人の「クックルー・ステップ」(福岡市)は、トヨタ自動車のグループ企業と共同で、雨や寒さを防ぐ車いす用カバー「ヌレント」を開発、今月から全国販売が始まった。法人理事長の古賀裕子さん(45)が経験してきた障害児育児での「困った」が新商品に結び付いたという。車いす利用者が外出する際の手助けとなりそうだ。

■育児の「困った」から発案

 ヌレントは、車いすの介護ハンドル部分に頭部を覆う屋根を固定し、雨など防ぐビニールカバーをファスナーで取り付けられる構造。カバーは簡単に外せ、屋根だけで日よけにも使える。商品名は「(カバーがあれば)雨でもぬれんとよ」という博多弁に由来し、商標登録の申請中。車いすの種類は多いため、商品は大きさに合わせ製造するオーダーメードだ。

 特別支援学校に通う子どもを毎日、バス停まで車いすで送り出す古賀さんは、雨など悪天候の日は車を使わざるを得なかった。バス停周辺に駐車できる場所は少なく、バスに乗せるまでにどうしてもぬれていたという。

続きはこちら・・・
22 : 17 : 22 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<育成園利用者の作品展示 郷さん、長船さんの二人展も--名張 | ホーム | あっぱれ!おかやま:障害者雇用に取り組む、トモニー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/537-b82061b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。