スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
明石に発達障害児療育施設
2010 / 03 / 20 ( Sat )
明石に発達障害児療育施設

 県は2012年度、発達障害児を対象にした療育施設「発達障害児支援センター」を明石市に新設することを決めた。発達障害の診察希望者は増える一方、専門の小児精神科医がいる病院は県内に約20か所しかなく、3~4か月待ちの場合もあるという。センターは県内全域の18歳以下を対象に常勤医が診断し、障害の早期発見に努める。同様の施設は全国的に珍しく、県は4月に有識者でつくる検討委員会を発足させ、センターの在り方を考える。

 発達障害には、他人とのコミュニケーションが難しい自閉症や、落ち着きがないなどの注意欠陥・多動性障害(ADHD)、読み書きが苦手な学習障害(LD)などがある。障害の発見が遅れると、周囲から理解されないことで、将来的にうつや不登校、家庭内暴力などの問題につながる恐れがあるという。

 県によると、センターは、不登校など心に悩みを抱えた児童・生徒らが通う県立清水が丘学園(明石市魚住町清水)に併設。常勤医が臨床心理士や作業療法士らと連携し、診断から治療まで一貫して担当する。

 創設される検討委は、薬の投与やカウンセリングなどの治療法のほか、センターの運営方法、障害を理解して接することのできる保育士育成などを協議する。

続きはこちら・・・
21 : 33 : 00 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<地銀3行が障害者の手数料引き下げ | ホーム | OA用紙100%のトイレットペーパー、障害者施設に贈る>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/499-0e122606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。