スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
姫路市役所に「は~とふるSHOP」開店
2010 / 02 / 21 ( Sun )
姫路市役所に「は~とふるSHOP」開店、16福祉作業所が日替わり営業

 兵庫県姫路市の福祉作業所で障害のある人たちが作った雑貨や食料品の店「ひめじは~とふるSHOP」が姫路市役所に今月オープンした。人通りの多い1階ロビーで16施設が日替わりで商品を販売する試みで、県内の自治体では初めて。施設職員や利用者は「不況で苦しい中、心を込めた品を多くの人にアピールできる」と張り切り、市も「市役所に立ち寄ったときは、ぜひのぞいて」とPRしている。

 市は、ワゴン3基や看板などを置いたロビー南側を開放。平日の午前10~11時30分に開店し、午後1~2時に閉店する。1日のオープンから、携帯ストラップやネックレス(100円~600円)、コロッケ・串カツセット(200円)、パンや焼き菓子(100円~150円)などが並べられ、3日は福祉作業所「ミルトスの木」(姫路市市川台)のパンやラスクなど250点が昼過ぎに売り切れた。

 藤野房枝施設長は「普段、関心のない人にも作業所のことを知ってもらえた」と喜び、店頭に立った施設利用者の女性(20)は「いっぱい買ってもらえてうれしい。これからもみんなで一生懸命つくったパンを色んな人に食べてほしい」と笑顔を見せていた。

続きはコチラ・・・
21 : 25 : 28 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<育成園、障害者と地域のつながりを 住民ら300人 | ホーム | 素のままフェスタ:知的障害者が歌や劇を披露>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/472-61b37174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。