スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
“出産奨励アイディア”905人が応募
2010 / 01 / 16 ( Sat )
“出産奨励アイディア”905人が応募…大賞は「家庭内保育の活性化」

「ベビーシッターにかかる費用は多いのに所得控除にならない。負担が大きくて子どもを産めない」「子どもを多くもつ人には号俸や昇進で優待すべきだ」--。

全国の公務員と公共機関職員が多様な出産奨励アイディアを出した。保健福祉家族部が主催した公募に905人が応募し、20人が15日、賞を授与された。

大賞は勤労福祉公団パク・ネギルさんが提案した「ベビーシッター資格認証制度」の導入だった。ベビーシッターに対する信頼度を上げ、家庭内保育を活性化させて女性の働き口を提供できるアイディアという評価を受けた。国防技術品質院ウォン・ジュンホさんが提案した「保母費用所得控除」案と国税庁チョ・イルチェさんの「子どもを多く持つ親の人事優待」提案は奨励賞を授与された。

韓国鉱物資源公社チョン・スギョンさんは障害者がLPG車を所有することができるのと同様に、子どもを多く持つ親も同じ恩恵を受けられるようにしようと提案した。チョンさんは「3人以上の子どもをもつ親たちが大衆交通で移動するのはほとんど不可能」と説明した。子どもの多い家庭の車の税金を減免しようという提案(韓国水力原子力キム・ジョンミンさん)も出た。

健保審査評価院クク・ソンホさんは、公務員採用時、子どもの多い家庭の子どもを優待、夫の休暇の拡大、同一学校優先割当、水道料減免、自動車購買優遇措置などのインセンティブを提供しようと提案し、優秀賞を授与された。

続きはこちら・・・
18 : 59 : 17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<喫茶&ランチ「ホワイト」1月20日オープン! | ホーム | CDへのデジタル録音始める 大垣の朗読奉仕グループ「つばくろ」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/437-a786f7bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。