スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
障害者の就労施設に「営業マン」
2010 / 01 / 13 ( Wed )
障害者の就労施設に「営業マン」

 不況の影響で、障害者が働く県内の就労支援施設(授産施設)の受注が減り続けている。県内の障害者の工賃は月平均で一人1万3365円(08年度)。これを「倍増」させようという厚生労働省の方針もあり、県や宇都宮、日光、佐野の各市は、受注を支援する専門の営業マンを雇った。(矢吹孝文)

 県から障害者就労支援事業を委託されている「県授産事業振興センター」によると、県内には約130の授産施設があり、パンやクッキーなどの食品製造、木工品製作、電子部品組み立てのほか、農作業や製造業関連の下請け業務などを受注している。

 しかし、2008年秋以降、受注の減少傾向が続き、同センターの担当者は「自動車などの製造業の下請け業務が激減し、全体の受注額は半分近くなった」と話す。一方で、「工賃倍増」は11年度の達成が目標とされているが、不況が続く中では実現は難しくなっていた。

続きはこちら・・・
23 : 14 : 11 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<障害者対象の求人・生活情報誌を配布 | ホーム | ひょうたん人形に願掛けて>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/434-503ba862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。