スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
どんなに重い障害者も受け入れます 親らが多機能型事業所開設
2009 / 11 / 22 ( Sun )
どんなに重い障害者も受け入れます 親らが多機能型事業所開設

 どんなに重い障害のある人でも受け入れ、簡単な仕事をしたり、介護を受けられる多機能型事業所「ポップコーン」が岐阜市中西郷にオープンした。重度の障害者は教育機関を卒業後、通所可能な施設が十分にないため、自宅介護を強いられるケースが多い。「外に出て人と交わり、豊かな人生を築いてほしい」と、障害のある子を持つ親らが中心となって開設した。

 運営するのは、社会福祉法人「ポップコーン福祉会」。同事業所の施設長を務める今井正子さん(62)が音頭をとり、1997年に活動を始め、5年前に法人格を取得した。

 今井さんは、自身も重い障害のある娘を持つ。活動を始めたきっかけは、娘が特別支援学校を卒業し「重度の障害者は人手がかかるので、受け入れてくれるところが少ない」という現実を突きつけられたから。

 自宅での介護を余儀なくされる日々は、障害者本人・介助者ともに不幸せと考え、活動を開始。熱すると多彩な形にはじけるポップコーンをヒントに、「さまざまな個性を持って日々をはじけながら楽しんで」と願いを込め、グループ名を付けた。

 同じ問題を抱える仲間や善意の支援者に支えられ、1998年にアパートを借りて作業所を開いた。6年後に2カ所目を開設したが、手狭なため新たな施設が急務だった。

続きはこちら・・・
20 : 18 : 58 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<魅せろ自立のパン作り 一関の授産施設が全国大会へ | ホーム | 映画で障害者への理解を あす高月でチャリティ上映会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/380-d1d8d189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。