スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
知的障害者 働く喜び
2009 / 10 / 06 ( Tue )
知的障害者 働く喜び

 ■鞍手町 空き店舗活用し開店

 知的障害者が働く飲食店「カレー&カフェ『キッチン工房 えくぼ』」が5日、鞍手町中山で開業した。一般企業への就職を目指した就労訓練の場で、店員たちはカレーの盛りつけ=写真=や接客に一生懸命に取り組んだ。(中野浩至)

 店では、障害者に就労訓練の場を提供する同町小牧の「小牧ワークセンター」(菅野幾(ちかし)センター長)に通う19~49歳の11人が交代で働く。配置は調理場2人、ホール3人の計5人。センターの指導員1人もスタッフとして補助する。

 店の広さは、約50平方メートルで全15席。カレーのメニューはチキンカレーとビーフカレー、その両方が盛られたえくぼカレーの3種類で、いずれも380円。

 センターは約5年前から実践的な就労訓練の場として、調理がそれほど複雑ではないカレー専門店の運営を構想。今年6月、日本財団(東京都港区)の助成が決まり、実現した。空き店舗を利用して開店費用を計約600万円に抑えた。そのうち75%を助成金で賄い、センターを運営する社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会(長谷川正人理事長)が残りを負担した。

続きはこちら・・・
22 : 01 : 29 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<植物や古布使い「じゅうじ織り」 木城の障害者ら完成 | ホーム | 市民と共生 歩み続け30回目 18日、京丹波で京都福祉まつり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/336-13b07fc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。