スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
演奏がみんなのリハビリ
2009 / 04 / 23 ( Thu )
演奏がみんなのリハビリ

 自身も難病をかかえ、リハビリに通いながら、福祉施設で伴奏のボランティア活動を行う人がいる。下鶴間在住の八橋晟さん(82歳)は毎週火曜日、介護老人福祉施設「大地」へリハビリに通いながら、入居者の前でピアノのミニコンサートを開いている。

 八橋さんが患う病は「後縦靱帯骨化症」。後縦靱帯が骨化することで、脊髄を圧迫し、知覚障害や神経障害、運動障害を引き起こす。

 八橋さんが発症したのは25年前。発症以来、手術とリハビリを繰り返してきた。

 脊髄神経症状は慢性的に進行する。長い闘病生活の中で、リハビリのために始めたのはキーボードだった。若い頃から音楽が好きで、馴染みのある楽器だった。「手先が不自由になって初めて、演奏できる喜びを実感した」という。

 演奏のボランティアを始めたのは5年前。リハビリのために通う施設に、ピアノがあるのに気づいた。弾き手がいないと聞き、「ぜひ自分に弾かせてほしい」と願い出た。「大病を患い、ここまで弾けるようになった恩返しがしたいと思っていた」という。

続きはこちら・・・
19 : 26 : 39 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<フランス鴨飼育で障害者就労へ 福祉施設などにひな手渡す | ホーム | 統合して再出発 田辺くじら作業所>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/180-7c70a54f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。