スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
障害者アート 自立の芽
2012 / 06 / 15 ( Fri )
障害者アート 自立の芽

障害のある人の表現活動が「アート」として注目されている。これまで下請けなどが多かった制作活動が見直され、福祉の現場を変えようとしている。
 赤や黄、青、床に落ちた糸を山ほど拾い集めて、白いシャツに一針一針縫い付ける人、薄い布にひたすら糸を結んでいく人、毛糸のようなふわふわとした糸を好んで使う人……。20人ほどが思い思いに縫い物に興じている。ほほ笑みながら縫うしぐさをしているだけの人もいる。
 鹿児島市吉野町の社会福祉施設「しょうぶ学園」。知的障害のある約120人が利用する。1985年にできた「工房しょうぶ」では利用者の約7割が陶芸、木工、絵画、和紙づくりなどに取り組んでいる。

続きはコチラ・・・
03 : 23 : 00 | 障害福祉 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
<<相談支援事業所3年間で98→270カ所に 第4次県障害者計画見直し | ホーム | 障害ある容疑者 更生計画提案へ 長崎県に「審査委」発足>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://syougaifukushi.blog123.fc2.com/tb.php/1124-c1351c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【障害者アート 自立の芽】
障害者アート 自立の芽障害のある人の表現活動が「アート」として注目されている。これまで下請けなどが多かった制作活動が見直され、福祉の現場を変えようとしている。 赤や黄、青、床に落ちた糸を山ほど拾い集めて、白いシャツに一針一針縫い付ける人、薄い布にひたす...
[2012/06/19 08:16] まとめwoネタ速neo
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。