スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
障害者や高齢者を支援 あゆみ販売所開設 田辺市のNPO
2012 / 07 / 31 ( Tue )
障害者や高齢者を支援 あゆみ販売所開設 田辺市のNPO

 和歌山県田辺市のNPO「歩の会」(山中善晴理事長)はこのほど、同市文里2丁目に、地域の農産物を売ったり障害者や高齢者に支援企業を紹介したりする施設「あゆみ販売所」(南拓児所長)を開いた。

 「歩の会」は休耕地の再利用を進めるため、2006年に設立。同市芳養町に障害者が野菜を生産する「あゆみ福祉農園」をつくった。今年2月、障害者や高齢者、地元生産者を応援し、地域を活性化させる場が欲しいと市有地を借りて販売所を建てた。

続きはこちら・・・
スポンサーサイト
17 : 30 : 03 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
福祉住環境コーディネーター 1級検定試験対策セミナー受付開始
2012 / 07 / 30 ( Mon )
福祉住環境コーディネーター 1級検定試験対策セミナー受付開始 高齢者/障害者が住みやすい住環境を提案するアドバイザーを生み出す検定

特定非営利活動法人 生活・福祉環境づくり21(所在地:東京都千代田区、会長:池田 彰孝)は、福祉住環境コーディネーター1級検定試験対策セミナーの受付を開始しております。
URL: http://www.sfk21.gr.jp/welfare/seminar.html

第29回福祉住環境コーディネーター検定試験[2012年11月25日(日)]に向けた試験対策セミナーを開催します。
1級検定試験は、1年に1回のみです。今回は公式テキスト改訂後、初の試験となります。(2012年1月31日改訂2版発行)

続きはこちら・・・
17 : 04 : 23 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
福祉事業所が清掃・除草作業の共同受注開始
2012 / 07 / 29 ( Sun )
福祉事業所が清掃・除草作業の共同受注開始

 県内46の障害福祉事業所でつくる県就労支援事業所協議会(平原伸会長)は、清掃・除草作業の共同受注を始めた。窓口を一本化することで仕事を受けやすくし、働く障害者の工賃アップにつなげるのが狙い。協議会は「障害のある人たちの丁寧な仕事ぶりは好評で、リピーターの客も多い。ぜひ一度活用を」と呼び掛けている。

 墓掃除や草取りといった作業を得意とする福祉事業所は多いものの、小規模な施設は単独での情報発信力が弱い。それぞれどんなサービスを提供しているかが分かりにくいことも課題となっていた。

続きはこちら・・・
15 : 01 : 47 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者に働く場提供 農産物直売所オープン 函館に「なかよしパル」
2012 / 07 / 26 ( Thu )
障害者に働く場提供 農産物直売所オープン 函館に「なかよしパル」

障害者の雇用を目指す農産物直売所「なかよしパル」が函館市時任町7にオープンし、新鮮な野菜が人気を呼んでいる。

 一般社団法人障害者自立地域支援センター「なかよしパル」による農産物直売所で、市内白石町の生産者から毎朝、季節の野菜を直接仕入れている。今の時期はアスパラ(300円)やトマト(250円)が売れ筋で、これからは、枝豆やトウキビがおすすめ。16日にオープンしたばかりだが、すでにリピーターが多いという。

続きはこちら・・・
17 : 43 : 32 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
パシフィコで福祉総合展「ヨッテク」-福祉テクノロジーを体験
2012 / 07 / 25 ( Wed )
パシフィコで福祉総合展「ヨッテク」-福祉テクノロジーを体験

 横浜市リハビリテーション事業団(横浜市港北区)は、パシフィコ横浜(西区みなとみらい1)で7月27日と28日、福祉を支える人とテクノロジーの総合展「ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド2012」(愛称:ヨッテク)を開催する。

 同展は、福祉的視点でテクノロジーを見つめ直そうと2001年から開催している参加体験型のイベント。「福祉を支える人とテクノロジー」をテーマに、見て・触れて・遊び・考えることができる最新福祉機器の紹介やシンポジウム、アトラクションを行う。

続きはこちら・・・
23 : 52 : 15 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
パシフィコで福祉総合展「ヨッテク」-福祉テクノロジーを体験
2012 / 07 / 24 ( Tue )
パシフィコで福祉総合展「ヨッテク」-福祉テクノロジーを体験

横浜市リハビリテーション事業団(横浜市港北区)は、パシフィコ横浜(西区みなとみらい1)で7月27日と28日、福祉を支える人とテクノロジーの総合展「ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド2012」(愛称:ヨッテク)を開催する。

 同展は、福祉的視点でテクノロジーを見つめ直そうと2001年から開催している参加体験型のイベント。「福祉を支える人とテクノロジー」をテーマに、見て・触れて・遊び・考えることができる最新福祉機器の紹介やシンポジウム、アトラクションを行う。

続きはこちら・・・
17 : 40 : 23 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
横浜市福祉パス有料化へ 利用者負担、年3200円
2012 / 07 / 23 ( Mon )
横浜市福祉パス有料化へ 利用者負担、年3200円

 横浜市は、市営地下鉄やバスなどを無料で利用できる「福祉特別乗車券(福祉パス)」を有料化する方針を決めた。新たに軽度の知的障害者を交付対象に加える一方、利用者に年3200円の負担を求めることで、交付の適正化や事業費の抑制を進める。12月の市議会定例会に条例案を提出し、来年10月の実施を目指しており、市障害福祉課は「市の財政が厳しい中で、制度の継続と交付対象者の増加に対応するため、理解をお願いしたい」としている。

 同課によると、福祉パスは、70歳未満の障害者手帳を持つ人(軽度の身体障害と知的障害は除く)が交付対象。2011年度は、5年前の06年度(3万9889枚)の2割増の4万9535枚を交付した。事業費は約27億円(12年度予算)が計上され、1枚あたり、約5万円の税金が使われていることになる。また、交付されても利用していない人が約1割いるという。

続きはこちら・・・
22 : 49 : 21 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日本福祉大でパラリンピックの選手壮行会
2012 / 07 / 22 ( Sun )
日本福祉大でパラリンピックの選手壮行会 愛知

 ロンドン五輪に続いて開かれるパラリンピック(8月29日~9月9日)に学生、OBの3人が出場する日本福祉大(美浜町奥田)で19日、選手の壮行会が開かれた。

 出場するのは、社会福祉学部4年で視覚障害者の球技「ゴールボール」代表の中嶋茜(あかね)さん(21)と、いずれも同大学OBで、カーリングに似た競技で脳性まひや四肢重度機能障害者が行う「ボッチャ」代表の加藤啓太さん(24)と車いすバスケットボール代表の宮島徹也さん(23)。宮島さんは海外遠征中のため、中嶋さんと加藤さんを加藤幸雄学長や学生たちが激励した。

続きはこちら・・・
21 : 32 : 08 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者と住民、共に働く場に 二ツ井めぐみ会がレストラン開設
2012 / 07 / 19 ( Thu )
障害者と住民、共に働く場に 二ツ井めぐみ会がレストラン開設

障害者が地域住民と共に働ける場をつくろうと、社会福祉法人二ツ井めぐみ会(能代市、工藤憲理事長)が、レストラン「キッチンめぐみ」を開設した。店で皿洗いや接客に挑戦している障害者は、慣れない仕事に戸惑いながらも「やりがいがある」と充実した表情を見せている。

続きはこちら・・・
17 : 53 : 23 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
福祉へ関心持って、有馬高で障害持つ卒業生が講演/海老名
2012 / 07 / 18 ( Wed )
福祉へ関心持って、有馬高で障害持つ卒業生が講演/海老名

 障害者への理解を深め、福祉に関心を持ってもらおうと、海老名市社家の県立有馬高校で17日、福祉講演会が開かれた。同校OBで市内在住の高林貴将さん(23)の話に1年生約270人が耳を傾けた。

 講演会は同校が行っている福祉体験学習の一環。市社会福祉協議会、地域活動支援センター結夢(ゆうむ)の協力で実現した。

 高林さんは2歳ごろに筋ジストロフィーと診断され、筋力の低下に伴い大学時代から電動車いすを使用している。ことし東海大を卒業し、在宅就労を目指して就職活動をしている。

続きはこちら・・・
17 : 19 : 17 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
よさのうみ福祉会:30周年記念し本出版、講演会 障害者雇用で地域活性
2012 / 07 / 17 ( Tue )
よさのうみ福祉会:30周年記念し本出版、講演会 障害者雇用で地域活性 「リフレかやの里」など取り組み紹介 /京都

 社会福祉法人よさのうみ福祉会(与謝野町)は、創立30周年を記念して「福祉がつなぐ地域再生の挑戦 自治体と歩む障害者福祉の可能性」(クリエイツかもがわ、税抜き2000円)を出版し、同町の野田川わーくぱるで講演会とリレートークを開いた。障害者を含むスタッフで運営する同町の「リフレかやの里」などの取り組みを紹介した本で、過疎・高齢化の進む地域で行政と連携した挑戦として注目される。

 福祉会は80年の創立。丹後半島の広大な地域を事業対象とし、利用者は700人以上に上る。

 レストランや大浴場、ホテルを備えた「リフレかやの里」は昨年10月、リニューアルオープンした。町から指定管理を受けたもので、障害者の働く場を広げ、地域が活性化することが願いだった。

続きはこちら・・・
17 : 18 : 11 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
福祉パス有料化へ、財政厳しく事業費抑制も利用障害者ら反発/横浜
2012 / 07 / 15 ( Sun )
福祉パス有料化へ、財政厳しく事業費抑制も利用障害者ら反発/横浜

横浜市はバスや市営地下鉄などを無料で利用できる「福祉パス」の有料化方針を決め、市民向け説明会を開始した。金額は年3200円。市の厳しい財政状況を踏まえ、交付対象の障害者が増加する中、利用者に一定の負担を求め、事業費の抑制を図るのが狙い。12月の市会定例会に条例案を提出し、2013年10月の実施を目指している。一方、初めての説明会では利用者から反対意見が相次ぎ、市の対応が注目される。

 市障害福祉課によると、福祉パスは70歳未満の障害者(一部除く)らが対象で、利用者負担はない。11年度では4万9535枚交付し、5年前の06年度と比べ、約1・2倍に増加している。12年度予算には事業費約26億8500万円を計上した。

続きはこちら・・・
15 : 26 : 39 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
県が障害者差別事例集を作成
2012 / 07 / 13 ( Fri )
県が障害者差別事例集を作成

 県は障害者差別をなくそうと、障害者やその家族らが「差別」と感じた事例を紹介する冊子「障害者差別にあたると思われる事例集」を作成し、無料配布している。

 障害者団体などを通じて募集し、156件の情報が寄せられた。このうち89件を福祉や医療など10分野に分類し、A4判22ページにまとめた。各ページには視覚障害者向け音声コードを掲載し、子どもも読めるようにすべての漢字に振り仮名をつけた。

 障害を理由に就職の面接や採用、賃貸物件への入居を断られたり、小・中学校への入学を希望しても養護学校を強く勧められるケースも。3人目を妊娠中だった女性は保育所の入所申し込みのため福祉事務所の窓口に出向くと「障害児がいるのになぜもう一人産むのか。次の子も障害児かもしれないのに」と言われたという。

続きはこちら・・・
22 : 23 : 52 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
福祉作業所に育苗用ベンチ
2012 / 07 / 12 ( Thu )
福祉作業所に育苗用ベンチ

大垣市古宮町の障害福祉サービス事業所「かわなみ作業所」(水谷智子所長)に、ビニールハウス内に苗を置くための育苗用ベンチ6台が設置された。大垣東ライオンズクラブが設立50周年を記念して寄贈した。

 ベンチは、縦6・25メートル、横1・4メートル、高さ70センチのものが4台、縦13メートル、横1・4メートル、高さ70センチのものが2台。これまではハウス内の地面に苗を置いて作業していたが、ベンチを設置することで、立ったまま作業できるようになった。

続きはこちら・・・
23 : 58 : 06 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
福祉施設に自家発電 整備に補助制度 兵庫県
2012 / 07 / 11 ( Wed )
福祉施設に自家発電 整備に補助制度 兵庫県

 兵庫県は9日、万一の計画停電に備え、人工呼吸器などを使う入所者がいる高齢者施設と障害者施設に対し、自家発電装置の整備費の一部を補助する制度を創設した。

 対象は、特別養護老人ホームやグループホームなどの高齢者施設と障害者支援施設などで、人工呼吸器、酸素吸入器などを使う入所者が一人でもいる施設。自家発電装置やポータブル発電機の導入費用に応じて上限500万円を補助する。

続きはこちら・・・
02 : 36 : 27 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
作品展:知的障害者14人、発想豊かに--きょうから
2012 / 07 / 09 ( Mon )
作品展:知的障害者14人、発想豊かに--きょうから

 障害福祉サービス事業所「リーシュ」(小倉南区富士見)に通う知的障害者14人の作品展「アーチストの卵展~進化」が7~20日、小倉北区京町1の障害者自立支援ショップ「一丁目の元気」で開かれる。

 会場には、貝殻をビーズのように加工して作ったタペストリー、石や流木に絵付けしたものなど自由な発想の作品が並ぶ。期間中は日曜を除き、通所者と職員が作品作りを実演。牛乳パックを再生した紙の器や木製ストラップ、写真ポストカードなど手作り商品約20種類の販売もある。リーシュの溝野ゆかり所長は「社会参加の一環として昨年初めて開き、みんな主体的になった。進化した作品を見てもらえれば」と話す。

続きはこちら・・・
23 : 23 : 43 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
作品展:知的障害者14人、発想豊かに--きょうから
2012 / 07 / 07 ( Sat )

作品展:知的障害者14人、発想豊かに--きょうから

障害福祉サービス事業所「リーシュ」(小倉南区富士見)に通う知的障害者14人の作品展「アーチストの卵展~進化」が7~20日、小倉北区京町1の障害者自立支援ショップ「一丁目の元気」で開かれる。

続きはこちら・・・
22 : 30 : 28 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者福祉の拠点施設オープン 三条の3法人、支援機能を集約
2012 / 07 / 03 ( Tue )
障害者福祉の拠点施設オープン
三条の3法人、支援機能を集約


 三条市と、市内の3社会福祉法人が共同で整備を進めてきた障害者福祉の拠点施設「グッデイいきいきサポートセンター」が2日、同市柳沢に開所した。知的、精神、重度身体障害と異なる障害者支援を手掛けている3法人が機能を集約し、連携してサービスを提供する全国でもまだ珍しい取り組みだ。

続きはこちら・・・
17 : 35 : 19 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者施設の製品PR、情報誌発行 売り上げ増図る
2012 / 07 / 02 ( Mon )
障害者施設の製品PR、情報誌発行 売り上げ増図る

 県内の障害者施設でつくる県障害福祉協議会(石川悦郎会長)は、各施設の製品や活動を紹介する情報誌「TE TO TE(てとて)」を発行した。製品をPRして売り上げを伸ばし、施設利用者の工賃(賃金)アップにつなげることが狙い。就労継続支援事業所を中心に37法人の57施設を取り上げ、さまざまな製品や製造現場の様子などをカラー写真で紹介している。

続きはこちら・・・
23 : 10 : 30 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
在宅精神障害者、24時間サポート 
2012 / 07 / 01 ( Sun )
在宅精神障害者、24時間サポート 
県、早期対応で自立促す 医師らが自宅を訪問


うつ病や統合失調症などの精神障害者の在宅生活を支えようと、県は本年度から、精神科医や看護師らのチームが自宅を訪問する支援事業を始める。24時間態勢で、必要に応じて精神障害者宅への訪問や診療をチーム側から働きかけ、早期発見、治療につなげる。

続きはこちら・・・
12 : 29 : 55 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。