スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
農商工に福祉を加えて連携 障害者が旬の食材を加工
2012 / 05 / 31 ( Thu )
農商工に福祉を加えて連携 障害者が旬の食材を加工

福祉と農業をつないだ6次産業化を目指す障害福祉サービス事業所「くるみ共同作業所」(浜松市北区)は、農産物の加工事業に乗り出し、独自商品の販売を6月から開始する。
 障害者の仕事創出を図り、地域農業の活性化にも寄与するのが狙い。最新の加工機器を導入し、福祉の枠組みを超えて市内外の農家や企業から注目を集めている。

続きはこちら・・・
スポンサーサイト
17 : 16 : 50 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
信託報酬で福祉車両贈る/香川県応援ファンド
2012 / 05 / 30 ( Wed )
信託報酬で福祉車両贈る/香川県応援ファンド

 信託報酬の一部を社会福祉の向上に役立てる「香川県応援ファンド」を取り扱う岡三アセットマネジメント、百十四銀行、香川証券の3社が30日、県内の児童福祉施設と障害者福祉施設に福祉車両2台を寄贈した。

 寄付は2007年から毎年実施。今回は朝日平成園(高松市)と香川こだま学園(同)に車両各1台(計306万9千円)を贈ったほか、かがわ子育て支援県民会議に30万円を寄付した。

続きはこちら・・・
17 : 09 : 19 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者就職:昨年度731件 トライアル雇用浸透--愛媛労働局発表
2012 / 05 / 29 ( Tue )
障害者就職:昨年度731件 トライアル雇用浸透--愛媛労働局発表

 愛媛労働局はこのほど、昨年度の県内ハローワークを通じた障害者の就職件数が731件だった、と発表した。過去最高だった10年度を127件上回った。

 新規求職申込件数は1448件で、10年度より129件増加。特に精神障害者が118件増の490件となり、全体の3割以上を占めた。産業別では、医療・福祉が218件と最も多く、製造業(117件)、卸売・小売業(107件)などが続いた。

続きはこちら・・・
20 : 48 : 01 | 障害福祉 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
尾道で知的障害者ら球技大会
2012 / 05 / 29 ( Tue )
尾道で知的障害者ら球技大会

 広島県東部地区親善球技大会が27日、尾道市栗原町のびんご運動公園であり、同市や福山、三原市などの52施設・団体から約千人が参加した。知的障害のある人たちがスポーツを通じて交流を深めようと、県社会福祉協議会、中国新聞社会事業団などが主催した。

 卓球やソフトボール、円形ドッジボールなど6競技。参加者は1種目を選び、練習の成果を披露した。卓球ではラリーが続く試合もあり、ポイントのたびに選手から「よし!」などと気合の入った声が上がっていた。

続きはこちら・・・
05 : 34 : 22 | 障害福祉 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
講座受講で視覚障害者の力に
2012 / 05 / 25 ( Fri )
講座受講で視覚障害者の力に

広島市の中区社会福祉協議会は6月19日から、点訳ボランティア入門講座を中区地域福祉センターで開く。無料。7月17日まで毎週火曜日に計5回開く。

 毎回午前10時~正午に開く。市の広報紙などを点訳する市民団体「点和会」が、基本を指導する。講座修了後は、受講生に同会への入会を誘う。

続きはこちら・・・
17 : 42 : 03 | 障害福祉 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
やまびこ屋番町店:障害者の働く姿見て 施設利用者、うどんで接客
2012 / 05 / 24 ( Thu )
やまびこ屋番町店:障害者の働く姿見て 施設利用者、うどんで接客--高松

障害者が働くうどん店「やまびこ屋番町店」が高松市番町2にオープンし、にぎわっている。社会福祉法人「田村やまびこ会」(高松市田村町)が敷地内にある社会福祉施設「Doやまびこ」内で運営する「やまびこ屋」の“2号店”。市民に障害者が働く姿を見てもらい、社会参加への理解を深めてもらおうと、市中心部に進出した。【伊藤遥】

 開店した番町店はセルフスタイルで21席。法人職員1人(当面は2人)と「Doやまびこ」利用者の障害者2人で切り盛りする。

続きはこちら・・・
16 : 22 : 05 | 障害福祉 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
5病院に自家発電装置
2012 / 05 / 23 ( Wed )
55病院に自家発電装置 県、計画停電に備え施設調査 滋賀

今夏に計画停電が実施される可能性があることを受け、県は22日、県内の医療機関や福祉施設の停電に対する備えについて調査した結果を発表した。医療機関では20床以上の入院設備を持つ59病院のうち、55病院で自家発電装置が備えられており、県は「計画停電でも大きな影響はない」と説明。残りの4病院については、停電時に対応が困難な患者は転院を要請するほか、自家発電装置設置の補助も検討する。

続きはこちら・・・
16 : 20 : 29 | 障害福祉 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
フランス料理店が開店、障害者の雇用の場拡大
2012 / 05 / 23 ( Wed )
フランス料理店が開店、障害者の雇用の場拡大

障害者らの就労の場となるフランス料理店「BISTRO庵TENDRE」が21日、JR松江駅(松江市朝日町)の西側に連なる飲食店街の一角にオープンし、従業員となった障害者3人が、調理補助や接客に当たった。

 障害者支援施設を運営する社会福祉法人「ふらっと」(松江市石橋町)が、障害者の雇用拡大を狙いに昨年秋から開店準備を進めていた。「誰もが優しい笑顔になれる場所」を目指し、フランス語で「優しい」の意味を持つタンドールを店名に付け、地元産にこだわった料理を中心に提供していく。

 同日午前11時のオープンと同時に次々に来店者があり、8人のスタッフが「いらっしゃいませ」と大きな声と笑顔で出迎えた。

 JRやバスターミナルの乗降客やオフィス街も近く、正午近くになると、42席がほぼ埋まる盛況ぶり。アマサギのエスカベッシュ(洋風南蛮漬け)、鶏肉の白ワイン煮などの日替わりメニュー7品が盛りつけられた「プレートランチ」(980円)などを注文した。

続きはこちら・・・
01 : 51 : 39 | 障害福祉 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
にぎやか創作エイサー - 障害者らが歌や踊り
2012 / 05 / 21 ( Mon )
にぎやか創作エイサー - 障害者らが歌や踊り/田原本でつながり祭

障害者と家族、県民が交流を深め、障害者福祉の前進を目指す、第31回「つながり祭」(奈良新聞社など後援)が20日、田原本町多の県営福祉パークで開かれた。

続きはこちら・・・
17 : 42 : 40 | 障害福祉 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
障害者が働くレストラン 開店4周年でアスパラサービス 北広島
2012 / 05 / 20 ( Sun )
障害者が働くレストラン 開店4周年でアスパラサービス 北広島

 【北広島】知的障害や精神障害がある人たちが働いているレストラン「グリーンパーク」(中央2の6)が、20日に開店4周年を迎える。記念して21日~6月9日の間、食事メニュー全30品に地元産アスパラを無料で付ける。

 社会福祉法人「北ひろしま福祉会」が運営。調理師と接客責任者に加え、知的障害や精神障害があるスタッフ12人が交代で1日3人ずつ、接客や調理補助で働く。

 4周年記念でサービスするアスパラは、市内南の里の農家が生産したLサイズ2本。当日の朝収穫したばかりの新鮮なものをゆでて、パスタやハンバーグ、シチューなど各料理の皿に添える。

続きはこちら・・・
02 : 49 : 28 | 障害福祉 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
障害者励ます指1本の絵画展
2012 / 05 / 17 ( Thu )
障害者励ます指1本の絵画展

脳性まひがある広島市西区の中手幸子さん(61)が21日から、同区天満町の広島西郵便局で右手の中指だけで描いたパステル画を展示する。福島市で福祉施設づくりなどの活動に参加。福島第1原発事故で避難した広島市でも、障害者の自立のために働く第一歩として、展示会を企画した。26日まで。無料。

 展示する動物や花の絵計25点は、粉状にしたパステルクレヨンを指に付けて描いた。「震える手を押さえながら綿棒で線を引くのに苦労する」と中手さん。自作を見た障害者たちが、新たな挑戦を始めることを願う。

続きはこちら・・・
18 : 53 : 26 | 障害福祉 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
虹の園:障害者施設利用者2人が企業就職 門出を祝福--角田
2012 / 05 / 16 ( Wed )
虹の園:障害者施設利用者2人が企業就職 門出を祝福--角田

角田市の社会福祉法人「臥牛三敬会」(湯村利憲理事長)が運営する障害者の多機能型施設「虹の園」で、施設利用者2人の企業就職が決まった。利用者らは「就職を祝う会」を催し、2人の新たな門出を祝福した。障害者の施設利用者が一般企業への就職は大変厳しい現状だけに、関係者の期待は大きい。

続きはこちら・・・
21 : 51 : 49 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
田植え体験:障害者ら、農作業通じ就労の場--小豆島「中山の千枚田」
2012 / 05 / 15 ( Tue )
田植え体験:障害者ら、農作業通じ就労の場--小豆島「中山の千枚田」

日本の棚田百選にも選ばれた小豆島町中山の「中山の千枚田」で、農作業を通じて就労の場を探そうと小豆島や岡山県の福祉施設利用者が田植えを体験した。

 参加したのは、小豆島町のNPO法人「あすなろの家」(柴垣勲理事長)が運営する施設と社会福祉法人「ひまわり福祉会」のひまわりの家(岡裕施設長)、岡山県玉野市の知的障害者更生施設「望み園」(浜川雅夫施設長)の利用者や町職員ら約50人。

続きはこちら・・・
17 : 03 : 27 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
就労支援にミニトマト 施設で養液栽培 大分・別府市 農協共済リハビリセンター
2012 / 05 / 14 ( Mon )
就労支援にミニトマト 施設で養液栽培 大分・別府市 農協共済リハビリセンター

 大分県別府市の社会福祉法人・農協共済別府リハビリテーションセンターは、利用者の就労支援事業で取り組むミニトマトの栽培に力を入れている。センター内に「障害福祉サービス事業所みのり」として養液栽培のハウス75アールを整備、年間100トンの生産を目標に掲げる。

続きはこちら・・・
21 : 03 : 16 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者日本縦断駅伝
2012 / 05 / 11 ( Fri )
障害者日本縦断駅伝

 ∞  「あきらめぬ心」リレー ハンディ克服 7人90キロ

 手や足、脊髄(せき・ずい)などに障害がある人たちが自転車や車いすでたすきをつなぐ「障害者日本縦断駅伝」(朝日新聞後援)が10日、山形県に入った。県内からの参加者は7人。雨の中、秋田県境の遊佐町から鶴岡市のあつみ温泉まで約90キロを元気いっぱいに駆け抜けた。

 冒険家の風間深志さん(61)が医療や福祉の関係者にサポートを呼びかけ、各地で走者を集めて進めている。2010年に太平洋側を南から北へ走った縦断駅伝を、日本海側から逆にたどる「完結編」だ。4日に札幌市をスタート。沖縄まで延べ約2500キロを約100人の走者がつなぐ。

 県内では県障がい者スポーツ協会が参加者を募り、20~50代のアスリート7人が集まった。10日はあいにくの雨だったが、8カ所の中継点を力走でつないだ。

続きはこちら・・・
21 : 16 : 37 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者に定年まで仕事を
2012 / 05 / 10 ( Thu )
障害者に定年まで仕事を

◆岐阜・光陽福祉会に就労支援センター
 障害者が18歳から定年退職を迎えるまで働ける就労支援に、岐阜市の一般社団法人「光陽福祉会」が今春から本格的に乗り出した。まずは経営者に障害者雇用への理解を深めてもらおうと、実習の受け入れ先を増やす取り組みを進める。

◆実習受け入れ先を開拓
 国の助成金が出る間だけ障害者を雇ったり、出社しても昼前には帰宅させたり。障害児の学童保育などをする光陽福祉会の菊池利哉会長(36)は、こういう職場を目の当たりにしてきた。「障害者の法定雇用率は数字合わせでしかない」と嘆く。
 障害者が生涯働けて「自立」できることをめざす「就労支援センター光陽」は、岐阜市北西部に3月完成した新社屋(約150平方メートル)にある。職業実習で適性をみる「就労移行支援」と、金銭管理やコミュニケーション能力を学びながら就労につなげる「就労継続支援(B型)」の2事業を展開。現在、10~30代の計8人が参加する。

続きはこちら・・・
17 : 15 : 16 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
川崎町の障害者事業所が雑貨店オープン
2012 / 05 / 09 ( Wed )
川崎町の障害者事業所が雑貨店オープン

 川崎町池尻の障害福祉サービス事業所「すみれアクティブセンター」が、入所者らが作った陶器やお菓子を販売する店舗「Smile Shop~絆~」を敷地内にオープンさせた。交流のある福島県南相馬市の施設の雑貨も扱い、東日本大震災の被災地とのつながりの場にもなっている。

 約40平方メートルの店内には、入所者らが作ったマグカップや箸置きなどの陶器や、ドーナツなどのお菓子が並ぶ。店の奥には調理場を設け、入所者が日常的に作業できるようにした。

 また、職員が震災後に支援活動をした南相馬の施設と連携し、この施設でつくられたペンケースやポーチも並べた。ほかにも、地元住民や田川、福岡両市の別の施設にも呼びかけ、陶器や雑貨を出品してもらった。店内には各施設の紹介文も掲げられている。

続きはこちら・・・
23 : 37 : 13 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者の新たな拠点開設 余市
2012 / 05 / 08 ( Tue )
障害者の新たな拠点開設 余市

【余市】町内のNPO法人「樹の杜(もり)」(山本茂雄理事長)は町中心部の入舟町273に、障害者が共同で生活しながら、地域住民らと交流できるケア・グループホーム「11樹の杜」を造り、このほど同ホームで開所式を行った。嶋保町長ら関係者20人が出席し、新たな福祉活動の拠点の誕生を祝った。

 山本理事長は子供が自閉症だったことから、15年ほど前に「余市町心身に遅れを持つ子と共に歩む会」を設立。健常者と障害者が触れ合う活動を展開してきた。しかし、単発の行事が多かったため、いつでも気軽に交流できる施設を造ろうと建設会社の社屋だった建物を購入し、全面改装した。

 24時間スタッフが常駐し、食事の提供や日常生活の支援を行う。建物は木造2階建て、延べ380平方メートル。1階は入居者と地域住民が交流できる共生スペース。小さな子供連れの母親らでも足を運べるよう、子供たちのプレイルームも備えた。

続きはこちら・・・
18 : 11 : 32 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
お待たせ パン発売/洲本・聴覚障害者働く
2012 / 05 / 07 ( Mon )
お待たせ パン発売/洲本・聴覚障害者働く

聴覚障害者が働ける場として昨年12月、洲本市本町7丁目にオープンした「おのころ屋」が、焼き菓子に続いてパンの製造、販売も始めた。閉店時間も延長。地元や勤め帰りの人に歓迎され、ほぼ連日完売の状態だ。

 おのころ屋は、ひょうご聴覚障害者福祉事業協会が運営する地域活動支援センター「おのころの家」=洲本市本町3丁目=の出張所。県の空き店舗活用モデル事業の補助を受け、パン屋だった場所を改装して、まず焼き菓子店を開店した。障害者3人、職員2人が働く。
 クッキー、マドレーヌ、マフィン、ラスクなど、焼き菓子は15種類をそろえる。防かび剤などは無添加、地元産原料を使用、手作りの「体にやさしい食品」をうたい、若い人らに好評だ。

続きはこちら・・・
17 : 32 : 05 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
さらら壮瞥がヤマト福祉財団の助成で軽乗用バン購入
2012 / 05 / 04 ( Fri )
さらら壮瞥がヤマト福祉財団の助成で軽乗用バン購入

障害者福祉サービス事業のNPO法人さらら壮瞥(坂爪義春理事長)は、ヤマト運輸などを母体とするヤマト福祉財団(本部東京)の助成制度を利用し、就労移行支援で製造しているパンの移動販売用車両として、軽乗用バン1台を購入した。

 さららでは天然酵母の手作りパンを、滝之町の作業場店舗「さららパン」や、道の駅そうべつ情報館iで販売。移動販売による売り上げを増やし、利用者の給料増額を図ることを目的に、同財団の助成制度に申請した。

続きはこちら・・・
22 : 32 : 25 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害もつ人たちの絵画展 新潟市で開催 (新潟県)
2012 / 05 / 03 ( Thu )
障害もつ人たちの絵画展 新潟市で開催
(新潟県)


体にハンディキャップを持った人たちが描く、趣向を凝らした水彩画の作品展が2日から新潟市で開かれている。

 この作品展は、ハンディキャップを持った人たちが集う市内の絵画教室が毎年開いているもので、ことしで20回目を迎えた。

続きはこちら・・・
23 : 44 : 25 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
点訳学び役立ちたい 高鍋で講座開講
2012 / 05 / 01 ( Tue )
点訳学び役立ちたい 高鍋で講座開講

視覚障害者の点訳図書などを作るボランティアを育成する高鍋町視覚障害者福祉会(小島義久会長)の養成講座開講式は4月26日、同町老人福祉館であった。本年度は昨年度より1人多い9人が入講。1年間の学習に向け決意を新たにした。

続きはこちら・・・
17 : 47 : 22 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。