スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
作品展:12施設の障害者、宇治で /京都
2011 / 05 / 31 ( Tue )
作品展:12施設の障害者、宇治で /京都

 宇治市内の12の障害者施設が出品する「障害のある人たちの手づくり製品・作品展示会」が30日、宇治市役所1階の市民ギャラリーで始まった。6月3日まで。無料。障害者週間記念事業実行委の主催で、10年以上前から毎年開いている。

 出品したのは、天ケ瀬学園入所部▽天ケ瀬寮▽宇治川福祉の園▽志津川福祉の園▽同胞の家▽ほっとハウス▽ゆめハウス▽ワークセンター宇治作業所▽デイセンター宇治作業所▽こもれび▽みっくすはあつ▽市障害児者父母の会。

続きはこちら・・・
スポンサーサイト
23 : 50 : 36 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「ロボットスーツHAL 福祉用」の装着体験キャンペーンを実施
2011 / 05 / 30 ( Mon )
大和ハウス工業、「ロボットスーツHAL 福祉用」の装着体験キャンペーンを実施

 大和ハウス工業は2011年5月30日、「ロボットスーツHAL 福祉用」を実際に体験できる「Tryhal Walk(トライ・ハル・ウォーク)」キャンペーンについて発表。全国の医療・介護施設のスタッフを対象に、ロボットスーツHAL 福祉用の概要・仕様の説明、装着体験などを無償で実施する(注)。

 「歩くことの素晴らしさを取り戻す(自分の力で立ちたい・歩きたい)」をコンセプトに誕生したロボットスーツHAL 福祉用は、脚に障害のある方や脚力が弱まっている高齢者の脚力・歩行機能をサポートする自立動作支援ロボット。筑波大学大学院 システム情報工学研究科 教授 山海嘉之氏(工学博士)が2004年に設立したロボットベンチャー企業CYBERDYNEが研究・開発を手掛ける「ロボットスーツHAL」の販売用商品の第1弾で、総代理店である大和ハウス工業が2008年10月10日からリース販売を開始している。

続きはこちら・・・
18 : 02 : 35 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「ひきこもり相談支援センター」開設
2011 / 05 / 27 ( Fri )
「ひきこもり相談支援センター」開設

 ひきこもりの背景には、いじめ、不登校、障害など様々な要因があることから、関係機関が連携して支援を行うことが必要です。
 このため、県では、ひきこもり対策の総合調整機関として、6月1日(水曜日)に精神保健福祉センター内に「ひきこもり相談支援センター」(以下「支援センター」という。)を開設することといたしました。支援センターでは、2名の専門コーディネーターが、ひきこもり本人や家族からの相談に応じ、適切な関係機関につなぐ総合調整を行うとともに、関係機関との連携を図るための連絡協議会の開催や、ひきこもりに関する情報発信等を行うこととしております。

続きはこちら・・・
22 : 05 : 49 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
デザイン募集!内部障害者や難病患者に必要なマーク
2011 / 05 / 26 ( Thu )
デザイン募集!内部障害者や難病患者に必要なマーク

知ってもらおう「譲りあい感謝マーク」
兵庫県は、兵庫県身体障害者福祉協会との連携で、外見からは障害がわかりにくい内部障がい者や難病患者などが気兼ねなく公共交通機関の優先座席や障害者用駐車スペース等を利用できるようにと「譲りあい感謝マーク」を制定し、このマークのデザインを募集している。

これらは、ピンバッジやキーホルダー、グッズなどの形で内部障がい者に身につけてもらうことで、そのマークを所持する人に対してみんなが必要な配慮をしやすくなるなど、周囲に認識してもらうことが目的。

続きはこちら・・・
18 : 21 : 18 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
パナソニック 障がい者向けコミュニケーション/意思伝達装置「レッツ・チャット」
2011 / 05 / 25 ( Wed )
パナソニック 障がい者向けコミュニケーション/意思伝達装置「レッツ・チャット」新製品を発売

パナソニック ヘルスケアは、言語および上肢に障がいをもつ方を対象とした意思伝達装置「レッツ・チャット」を発売した。

「レッツ・チャット」は、文字板の点灯や音声ガイドに従ってひとつの入力スイッチを押すだけで、文章の作成・保存・呼出および表示・読み上げ・印刷が可能な意思伝達装置である。

「レッツ・チャット」はパナソニックの社内ベンチャー会社「ファンコム株式会社」が2010年まで開発・販売を行っていた製品であり、本製品は、その後継モデルとして性能向上を行ったものである。

続きはこちら・・・
18 : 09 : 11 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
知的障害者のプロ集団「瑞宝太鼓」の活動紹介
2011 / 05 / 24 ( Tue )
映画:知的障害者のプロ集団「瑞宝太鼓」の活動紹介--28日から梅田で公開 /大阪
 ◇映画「幸せの太鼓を響かせて」

 長崎県雲仙市の福祉サービス施設・通称「コロニー雲仙」に、知的障害を抱える人たちのプロ和太鼓集団「瑞宝太鼓」がある。メンバーの活動を追ったドキュメンタリー映画「幸せの太鼓を響かせて~INCLUSION~」が大阪・梅田の梅田ガーデンシネマで28日から公開される。

 瑞宝太鼓は87年発足。ひたむきな練習で技術を磨き、プロに。10年の「第9回東京国際和太鼓コンテスト」で優秀賞(第2位)に輝いた。パラリンピックのイベントなど海外でも活躍し、年間100回以上の公演を行っている。

続きはこちら・・・
22 : 36 : 53 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
地域貢献:障害者がホットな配食
2011 / 05 / 23 ( Mon )
地域貢献:障害者がホットな配食 高齢者向け事業、手渡しで安否確認も--福岡

 福岡県須恵町の福祉施設に通所する知的障害者たちが、今年度から高齢者向けの配食サービス事業に乗り出し、地元の評判を集めている。彩り豊かな弁当箱には、有機野菜を使った健康メニューが満載。配達の際に在宅高齢者の安否確認も行うという福祉施設ならではの発想も好評で、関係者は「障害者たちの存在が地域に根付き、障害への理解につながってほしい」と期待を膨らませている。

続きはこちら・・・
17 : 32 : 34 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ジョブリンクAma:障害者が作った商品など“宣伝代行” HP好評--尼崎
2011 / 05 / 22 ( Sun )
ジョブリンクAma:障害者が作った商品など“宣伝代行” HP好評--尼崎

 ◇商品や販売店舗、福祉法人「もっと知って」

 障害者の自立支援を目的に、尼崎市内にある作業所で作った商品や販売店舗を紹介するホームページ(HP)「ジョブリンクAma」が好評だ。作っているのは社会福祉法人「福成会」(同市)の作田剛さん(49)と近藤理絵さん(35)。共に企業で営業経験があり、忙しい作業所の職員に代わり宣伝を請け負っている。2人は「今まで地域のバザーなどでしか見る機会がなかった商品を、もっと身近に感じてほしい」と話している。

 HPでは食品、制作活動、サービスなどカテゴリーに分け、計約200種類の商品の写真や値段、取り扱う作業所の連絡先を掲載している。商品を取り扱いたい事業者や買い物をしたい人たちには、直接作業所と連絡をとってもらう仕組みだ。また、毎月商品を一つピックアップして、完成するまでの工程を紹介したり、作業所の近況なども掲載している。

続きはこちら・・・
13 : 17 : 13 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
【障がい者の1,000人雇用を】~そこに立ちはだかる壁が・・・
2011 / 05 / 20 ( Fri )
【障がい者の1,000人雇用を】~そこに立ちはだかる壁が・・・~岡山県総社市

5年間で1,000人の障がい者に仕事を・・・しかし現実は?

岡山県総社市(以下同市)では12日、「総社市障がい者千人雇用委員会」を立ち上げた。この委員会では、障がい者約1,000人の雇用を実現する目標時期を2015年度末と定めて検討に入っており、企業への助成制度などの具体策をまとめて、今年度中に同市へ提言を行うことを予定している。

委員会は市内外の福祉関係や地元企業、また経済分野などの専門家16人で組織。12日の初会合では障がい者を雇用する企業側の意識を高めることの必要性や、住居や食事など生活面の支援検討、また実際に障がい者が勤務する際、その移動手段における課題点などの意見が出された。

続きはこちら・・・
21 : 31 : 08 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
名古屋から出発 災害弱者にボランティアカット
2011 / 05 / 19 ( Thu )
名古屋から出発 災害弱者にボランティアカット

東日本大震災の被災地には多くの理美容師が入り、ボランティアカットを行っているが、NPO全国福祉理美容師養成協会が立ち上げた「りびボラプロジェクト」は、「災害弱者」といわれる高齢者や障害者を受け入れている福祉避難所や介護施設を訪問し、カットやエステを実施する。

プロジェクトでは、2011年6月上旬から、名古屋発東京経由のボランティアバスを出す。第1回は6月12日夜出発、14日帰り。8月下旬までに合計5回被災地を訪れる。行き先は宮城県石巻市、亘理町が決まっているが他は調整中という。

続きはこちら・・・
23 : 44 : 50 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者が働く「グリーンパーク」 開店3周年で新メニュー 北広島
2011 / 05 / 19 ( Thu )
障害者が働く「グリーンパーク」 開店3周年で新メニュー 北広島

【北広島】知的障害者らが働く市内中央2のレストラン「グリーンパーク」が開店3周年を機に、道産豚肉を使った「ショウガ焼き定食」などをメニューに追加した。会社員や女性グループなど幅広い客層が訪れており、地域に親しまれるレストランを目指している。(貝沢貴子)

 同店は市内の社会福祉法人「北ひろしま福祉会就労センタージョブ」が運営。2008年5月20日にオープンした。一般企業での就労を目標に障害者が常時2、3人働き、接客などを学んでいる。

 料理に使う米や野菜は道産を使用。ハンバーグやパスタが人気で、約40種類のメニューをそろえる。

 開店当初は集客に苦労したが、現在は固定客が20~30%を占め、町内会の会合なども開かれている。同センターの岩木慎吾所長は「地元の方々に育てていただいている。スタッフも声を掛けられ、張り合いを感じている」と語る。これまでに同店で働く障害者数人が、一般企業への就職を果たした。

続きはこちら・・・
00 : 09 : 42 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「思いやり駐車場制度」30日からスタート
2011 / 05 / 18 ( Wed )
「思いやり駐車場制度」30日からスタート

 店舗や官公庁を訪れる障害者、要介護認定者、妊産婦らの駐車スペース確保に向け、香川県は30日から「かがわ思いやり駐車場制度」をスタートする。対象者に利用証を交付し、車に掲示してもらうことで専用・優先駐車場の不適正な駐車をなくすのが狙い。17日から利用証の申請受け付けを開始した。

 制度は身障者用駐車場を健常者が使用するケースが多いことを受け、香川県が導入を決めた。障害者らに利用証(パーキングパーミット)を交付する同様の取り組みは西日本を中心に各県で広がっており、利用証は30日以降、中四国全県(広島は7月)で使用できる。

 制度の対象となるのは、▽等級など一定の基準を満たす身体、知的、精神障害者▽要介護状態の高齢者▽母子手帳を受け取ってから産後1年までの妊産婦▽けがで車いすやつえなどを使っている人―ら。香川県が障害者手帳や母子手帳、診断書などを確認した上で利用証を交付する。

続きはこちら・・・
00 : 42 : 54 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
いぶきふれあいまつり:市民と身障者交流
2011 / 05 / 16 ( Mon )
いぶきふれあいまつり:市民と身障者交流 岐阜で2000人 /岐阜

 市民と身体障害者が交流する「いぶきふれあいまつり」(いぶき福祉会の後援会など主催)が15日、岐阜市の島小学校であった。20回目の今年は震災支援を前面に出した。晴天に恵まれて約2000人が訪れ、ボランティア団体やNPOなどの模擬店でにぎわった。

 宮城県で障害者福祉施設を運営する「はらから福祉会」から仕入れた東北の名品の物産展も開かれた。まつりの売り上げは被災地の復興支援に充てられる。いぶき福祉会の北川雄史さん(41)は「私たちの活動もたくさんの方の支援で成り立ってきた。可能な範囲で被災地を応援できれば」と話した。

続きはこちら・・・
16 : 02 : 40 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
千枚田で田植え交流/岡山と小豆島の障害者ら
2011 / 05 / 16 ( Mon )
千枚田で田植え交流/岡山と小豆島の障害者ら

 玉野市の知的障害者更生施設「のぞみ園」の利用者が14日、小豆島を訪れ、「日本の棚田百選」の一つにも選ばれている香川県小豆島町中山の千枚田で、同町安田の就労継続支援B型事業所「あすなろの家」の利用者らと田植えを体験。さわやかな青空の下で一緒に汗を流し、交流を深めた。

 両施設と土庄町の指定障害福祉サービス事業所「ひまわりの家」の3施設は昨年から交流を深めており、行政も支援している。

続きはこちら・・・
00 : 01 : 45 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
たいやきを宅配サービス 深川
2011 / 05 / 14 ( Sat )
たいやきを宅配サービス 深川

 【深川】知的障害者らが働くたい焼き店「福祉ショップたいやきCoCo(ココ)」(市内4の8)が、宅配サービスを始めた。運営する施設関係者は、障害のある人がたい焼きをまちに飛び出して届けることで、「人と接する機会がさらに広がれば」と期待している。(玉邑哲也)

 ココは、通所施設「深川デイプレイスふれあいの家」(西山進施設長)が障害者の自立支援のため、2008年秋に開設。施設職員の指導の下、7人が交代で製造や接客をしている。

 宅配サービスは来店客の要望を受け、消費拡大にもつなげようと展開。店舗で焼いたたい焼きを10個以上から電話で注文を受け、軽自動車で深川市内に配達する。

続きはこちら・・・
17 : 00 : 14 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
聴覚障害者へCSで災害情報
2011 / 05 / 12 ( Thu )
聴覚障害者へCSで災害情報

東広島市は、耳の不自由な人のために災害情報を手話や字幕付きで流すCS放送番組の受信機を、市内18カ所に設置した。災害時に被害状況や救援物資の配布場所などの情報を伝える。番組を流すNPO法人CS障害者放送統一機構(大阪市)によると、設置した施設数は全国の自治体で最多という。

 受信機をテレビにつなぐと、災害時に被害状況や相談窓口などの情報を伝える番組を視聴できる。CS障害者放送統一機構が自主制作した番組のほか、NHKや民放の災害関連番組に字幕や手話通訳を加えて放送する。大地震などの災害発生時には付属の警報装置が点滅し、番組の開始を知らせる。

続きはこちら・・・
23 : 31 : 31 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者と交流、140団体が参加 バザーや車いす体験
2011 / 05 / 11 ( Wed )
サンサン祭り:障害者と交流、140団体が参加 バザーや車いす体験 /香川

 障害者とボランティアら市民の交流を深める「サンサン祭り」(実行委主催)が高松市のサンポート高松で開かれた。障害者を支援するNPO団体や福祉施設、学校など約140団体が参加。大勢の家族連れらでにぎわった。

続きはこちら・・・
17 : 31 : 53 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
全身麻酔の歯科治療 知的障害者に好評
2011 / 05 / 11 ( Wed )
全身麻酔の歯科治療 知的障害者に好評

 障害者専門の歯科診療施設「京都歯科サービスセンター中央診療所」(京都市中京区)で昨年始まった全身麻酔治療が好評だ。知的障害者の中には、治療への強い抵抗感から一般の歯科医院に通いにくい人が多く、全身麻酔は患者のストレス軽減や治療時間の短縮に効果を挙げている。ただ、受け入れ患者数が限られているため、治療前の医師面談を受けるだけでも8カ月待ちで、診療態勢の早期拡充が望まれている。

 同センターの全身麻酔治療は、毎週火、木曜日のみ行われている。午前9時すぎ、自閉症の加藤聡さん(36)=宇治市=が普段着のまま麻酔診療室に入り、自分で診療台に横たわった。「いーち、にー」と数える歯科医の声を聞くうちに眠りに落ち、約1時間で折れた前歯の治療が終了。病院と違い、その日の内に帰宅できた。

 知的障害者や自閉症の人の中には、口への異物挿入だけでなく、初めて見る相手や場所に強いストレスを感じる人もいる。府歯科医師会が運営する同診療所には、障害の特性をよく知る歯科医や歯科衛生士が配置され、治療前の通院訓練も含めて同じスタッフが担当する。こうした専門的対応のできる機関としては府内唯一で、丹後・中丹地域からも患者が通っている。

続きはこちら・・・
00 : 24 : 31 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
県ゆうあいスポーツ大会:障害に負けず競技で親睦 5000人が参加
2011 / 05 / 10 ( Tue )
県ゆうあいスポーツ大会:障害に負けず競技で親睦 5000人が参加--諫早 /長崎
 ◇80団体から

 知的障害者にスポーツを通じて親睦を深めてもらう「第33回県ゆうあいスポーツ大会」が8日、諫早市の県立総合運動公園であった。県内の福祉施設約80団体から選手、ボランティアら約5000人が参加した。

続きはこちら・・・
00 : 13 : 55 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ユニバーサルデザイン:支援へアドバイザーを派遣
2011 / 05 / 08 ( Sun )
ユニバーサルデザイン:支援へアドバイザーを派遣 希望の10団体、県が募集 /熊本
 ◇誰にでも優しい商品開発/接客方法も

 年齢や性別、障害の有無などを問わずに利用できる「ユニバーサルデザイン(UD)」への取り組みを支援するため、県がアドバイザー派遣を希望する企業や団体などを募集している。来年1月31日まで。

 04年度から始まった「UDやさしいまちづくりアドバイザー派遣事業」。昨年度までに企業や社会福祉法人、NPO、観光協会など計61団体が派遣を受けた。テーマは高齢者でも簡単に扱える商品パッケージ開発や箸を使わなくても食べやすい弁当から、おもてなし、接客方法まで多岐にわたっている。

続きはこちら・・・
00 : 50 : 15 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害のある子どもに対する状況把握及び支援等について
2011 / 05 / 06 ( Fri )
東日本大震災により被災した障害のある子どもに対する状況把握及び支援等について

各都道府県教育委員会担当課
各指定都市教育委員会担当課
各都道府県私立学校主管課
附属学校を置く各国立大学法人担当課   御中
小中高等学校を設置する学校設置会社を
所轄する構造改革特別区域法第12条
第1項の認定を受けた地方公共団体の
学校設置会社主管課

各都道府県障害児福祉主管課
各指定都市障害児福祉主管課   御中
各中核市

文部科学省初等中等教育局特別支援教育課
厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課



東日本大震災により被災した障害のある子どもに対する状況把握及び支援等について



 今般の東日本大震災により被災した障害のある子ども及びその保護者への支援については、最大限の御尽力を賜り厚くお礼申し上げます。
 被災地においては、通所事業所が倒壊するなど必要な支援を提供できていない地域があり、また、避難生活の長期化や他都道府県に避難、転校したこと等からくるストレスや疲労、生活再建に向けた保護者の活動が必要であることから、今後新たな福祉ニーズが発生することも予想されます。被災した障害のある子どもに対する支援を一層充実するため、下記について、都道府県教育委員会及び市町村教育委員会においては所管の学校に対し、また、都道府県教育委員会においては域内の市町村教育委員会に対し、都道府県私立学校主管課、附属学校を置く国立大学法人担当課及び構造改革特別区域法第12条第1項の認定を受けた地方公共団体の学校設置会社主管課においては所轄の学校に対し、都道府県障害児福祉主管課においては管内市町村に対し周知をお願いするとともに、教育委員会等と市町村障害児福祉主管課が連携を密にして障害のある子どもの状況把握や支援に努めていただきますようお願いします。



障害のある子どもの状況把握及び支援について

 教育委員会、学校等と市町村障害児福祉主管課が連携し、障害のある子どもとその家族の安否確認を行うとともに、支援が必要な障害のある子ども等の把握に努めていただきますようお願いします。
 特別支援学校や特別支援学級のある小・中学校のみならず障害のある子どもが在籍しているすべての学校においては、障害のある子どもの状況を把握し、スクールカウンセラー等を活用した心のケアなど必要な教育上の支援に努めていただきますようお願いします。併せて、放課後や長期休暇中の預かり等の福祉ニーズの把握にも努めていただきますようお願いします。
 市町村障害児福祉主管課においても、委託している指定相談支援事業者(以下「委託相談支援事業者」という。)を積極的に活用して、現在福祉サービスを利用している者だけでなく、新たに福祉ニーズが発生している障害のある子ども等の把握に努めていただきますようお願いします。
 福祉ニーズの把握にあたっては、別添1を参考にしてください。


続きはこちら・・・
22 : 14 : 56 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
知的障害者の就労支援兼ねアンテナショップ開店
2011 / 05 / 06 ( Fri )
逗子の“逸品”販売、知的障害者の就労支援兼ねアンテナショップ開店/神奈川

 知的障害者がスタッフとして働く地元特産品のアンテナショップ「mai!えるしい」(逗子市桜山9丁目)が、逗子海岸近くの国道134号沿いにオープンした。「エコ」と「ヘルシー」をキーワードに、スタッフの手作りクッキーや逗子の特産品を中心とする“知られざる逸品”を販売している。

 同店は、逗子市内で生活介護事業所「もやい」や自閉症・知的障害者自立支援施設「えいむ」などを運営する社会福祉法人「湘南の凪(なぎ)」が開設した。

 逗子市内の店舗による特産品「逗子さくら産品」の一つに名を連ねる「さくらマフィン」がもやい産のため、知的障害者の就労支援施設とアンテナショップを兼ねた同店を新たにオープンした。市内にさくら産品を総合的に取り扱う店がなかったからだ。

続きはこちら・・・
00 : 00 : 32 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ハンディ持つ学生起業家が開発「障害者に優しい復興計画を」
2011 / 05 / 03 ( Tue )
パンク強い車いす…ハンディ持つ学生起業家が開発「障害者に優しい復興計画を」

 東日本大震災の被災地で不自由な生活を余儀なくされている身体障害者を支援しようと、ベンチャー企業を営む立命館大4年の垣内俊哉さん(22)=大阪市北区=が、さびやパンク対策を強化した被災地仕様の車いすを開発し、現地に贈る活動を続けている。自身も病気のため小学生時代から車いすを使って生活しており、「使用者にとって車いすは『足』そのもの。少しでも安心につながれば」と発案。今後は「障害者に優しい復興プラン」も独自に提唱する予定だ。

続きはこちら・・・
23 : 25 : 09 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
緊急地震速報…チャイムに苦心の音色 「ゴジラ」の検討も
2011 / 05 / 02 ( Mon )
緊急地震速報…チャイムに苦心の音色 「ゴジラ」の検討も

 チャランチャラン…。3月11日以降、テレビから頻繁に流れる緊急地震速報の警報音。このチャイムは、NHKの依頼で伊福部達(とおる)・東京大名誉教授(高齢社会総合研究機構)が開発したものだ。「どんな状況でも、誰の耳にも聞こえるように」と、福祉工学の立場から考え抜かれたノウハウが詰まっている。

 伊福部さんは、聴覚障害者や高齢者にも聞きやすい音の研究で知られる。NHKでは平成19年10月の緊急地震速報導入を前に、伊福部さんにチャイムの制作を依頼した。

 「緊急性を感じさせつつ、不安感・不快感を与えない。騒音の下でもお年寄りや難聴者にも聞き取りやすい。さらにどこかで聞いた音に似ていない-という条件を満たす必要があった」と伊福部さん。

 メッセージ性を持たせるため、既存の音楽の一部を使いたかったという伊福部さんは、耳慣れていて著作権処理も簡便な叔父・伊福部昭(あきら)(音楽家)の作品を調べ、その代表作「ゴジラ」の使用も検討した。しかし、「有名すぎてチャイムには向かなかった」。

続きはこちら・・・
00 : 45 : 19 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。