スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
出前授業で理解啓発 宇都宮市の吉永さんに障害福祉賞優秀賞
2010 / 12 / 31 ( Fri )
出前授業で理解啓発 宇都宮市の吉永さんに障害福祉賞優秀賞

 自閉症で知的障害のあるきょうだいを持つ宇都宮市下荒針町、主婦吉永久美子さん(47)の作文が、障害のある人や障害のある人とともに歩んでいる人を対象とした「第45回NHK障害福祉賞」で優秀賞を受賞した。障害への理解を深めてもらう「障がい理解啓発出前授業」の活動内容をまとめた。吉永さんは「受賞が障害について知ってもらえる契機になれば」と話している。

続きはこちら・・・
スポンサーサイト
00 : 00 : 43 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
つき大会:bjリーグ・スサノオの選手と松江で
2010 / 12 / 30 ( Thu )
餅つき大会:bjリーグ・スサノオの選手と松江で /島根

 松江市天神町の障害福祉サービス事業所「まるベリー松江」で28日、餅つき大会があり、bjリーグの島根スサノオマジックの選手やスタッフ計約10人が参加した。職員らから手ほどきを受けた選手たちは、慣れない手つきで懸命に餅をついていた。

続きはこちら・・・
01 : 30 : 16 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ビンゴなど楽しむ・福祉施設の合同クリスマス会
2010 / 12 / 27 ( Mon )
ビンゴなど楽しむ・福祉施設の合同クリスマス会

 八潮市手をつなぐ親の会(大山ひさ子会長)・障害者福祉施設虹の家(中西みゆき施設長)・工房森のこかげ(高坂聖美施設長)の合同クリスマス会(ふれあい福祉部共催)が19日、八潮メセナ集会室で開かれ約130人が参加した。
 97年から毎年行われているもので、会員は一年の締めくくりとして楽しみにしているという。大山会長の「メリークリスマス」の掛け声で始まり、バンド演奏やビンゴゲームの他、全員で「よさこい」「よっちょれ」を踊り、大いに盛り上がった。

続きはこちら・・・
18 : 37 : 54 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
指で勉強、つかんだ大学合格 盲ろうの19歳森さん
2010 / 12 / 25 ( Sat )
指で勉強、つかんだ大学合格 盲ろうの19歳森さん

 生まれたときから全盲で、耳も聞こえない「盲ろう」の森敦史さん(19)が24日、ルーテル学院大学(東京都三鷹市)の社会福祉学科に推薦入試で合格した。先天的な盲ろう者が大学に進むのは初めてだ。通訳の確保など今後の難題も残るが、周りの応援を得て、「自分のような盲ろう者の役に立ちたい」という夢に一歩踏み出す。

続きはこちら・・・
15 : 54 : 00 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
視覚障害者に福祉機器を きょうミュージックソン、募金呼び掛け
2010 / 12 / 24 ( Fri )
ラジオ福島:視覚障害者に福祉機器を きょうミュージックソン、募金呼び掛け /福島

 ラジオ福島は24日正午から24時間、特別番組「第34回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」を放送する。全国のラジオ局10社による「通りゃんせ基金キャンペーン」の一環で、番組を通じて視覚障害者らに福祉機器を贈るための募金を呼び掛ける。

 77年から始まり、これまでに計4億5300万円が集まり、視覚障害者用の「音の出る信号機」150基や、駅改札口近くの33カ所に音声案内装置が設置された。

 今年の番組は「感謝状」がテーマで、リスナーから寄せられたそれぞれの感謝状を読み上げる。放送中はサンタクロース姿のボランティア約150人が、白河市や中島村から郡山市までの約40キロを、電飾を施したリヤカー20台を引きながら募金を呼び掛ける。

続きはこちら・・・
21 : 29 : 32 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者の自立に一役 龍野北高3年生8人、考案
2010 / 12 / 22 ( Wed )
オリジナルアクセサリー:障害者の自立に一役 龍野北高3年生8人、考案 /兵庫

 県立龍野北高校総合デザイン科(たつの市新宮町芝田)の3年生8人が、たつの市龍野町堂本の障害福祉サービス事業所「えびす」(志水哲也代表)で働く知的障害者17人が製作する商品として、オリジナルのアクセサリーを考案した。地場産業の皮革を使い、ハートや猫、ウミガメなど5種類の形とピンク、金、銀など5色を取り合わせた。生徒は「たくさん売れれば障害者の自立支援につながる」と期待している。

続きはこちら・・・
19 : 24 : 28 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
教育テレビ「笑っていいかも!?」で話題の障害者コンビは?
2010 / 12 / 21 ( Tue )
教育テレビ「笑っていいかも!?」で話題の障害者コンビは?

 12月4日にNHK教育テレビで放送された番組が話題を呼んでいる。番組名は「バリバラ2時間スペシャル 笑っていいかも!?」。同局で1999年から放送されている福祉系情報番組「きらっといきる」内で今年4月から月に1回放送されていた、「バリバラ~バリアフリーバラエティー」を2時間の特番で放送した。番組では、「バリアフリー大運動会」「障害者のドッキリ」などの企画を放送。中でも障害者のお笑いパフォーマーナンバーワンを決める「SHOW-1 グランプリ」は注目を集めた。この「S-1」でグランプリを勝ち取った彼らのコンビ名は?

続きはこちら・・・
22 : 02 : 00 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ダウン症児とともに楽しむ 大学生がクリスマス会
2010 / 12 / 20 ( Mon )
2010歳末点描:ダウン症児とともに楽しむ 大学生がクリスマス会--熊本 /熊本
 ◇歌や演奏

 ダウン症児らとの交流を続けている大学生たちが、年末のひとときを歌などで一緒に楽しもうと、熊本市黒髪のルーテル学院大で35回目の「クリスマス会」を19日開いた。日本ダウン症協会熊本支部の主催で、約200人が参加した。

 同大や熊本大にある「ダウン症支援サークル」の学生約40人は毎週末、県身体障害者福祉センター(同市長嶺南)で、歌やダンス、菓子作りなどを子供たちに教えている。

続きはこちら・・・
18 : 09 : 07 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
全国寄贈書画・陶工芸品即売展:オークションも盛況
2010 / 12 / 19 ( Sun )
全国寄贈書画・陶工芸品即売展:オークションも盛況--きょうまで /福岡
 ◇歳末チャリティー

 チャリティーイベント「全国寄贈書画・陶工芸品即売展」(毎日新聞西部社会事業団、毎日新聞社主催)が18日、中央区天神のアクロス福岡2階交流ギャラリーで始まった。絵画や陶芸品など全国の830人を超す作家から約1570点の作品が寄せられ、来場客は好みの作品を探してじっくりと品定めしていた。19日まで。

続きはこちら・・・
22 : 41 : 12 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
聴覚だけで遊べる「しゃべるトランプ」を開発
2010 / 12 / 19 ( Sun )
聴覚だけで遊べる「しゃべるトランプ」を開発

 トランプなどテーブルゲームは普通視覚に頼るが、耳からの情報だけにすることで遊びの可能性を広げた画期的なゲーム機「kikimimi」を大阪電気通信大学の新川拓也准教授(情報福祉工学)が開発した。視覚障害の有無にかかわらず、膝を付き合わせて遊ぶ体験者には好評で、東京での機器展示が1年延長されるなど注目されている。

続きはこちら・・・
01 : 04 : 52 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
聴覚障害持つ女子レスラー、聖地のリングに!
2010 / 12 / 16 ( Thu )
聴覚障害持つ女子レスラー、聖地のリングに!

 23日に行なわれるJWP女子プロレス・後楽園ホール大会に、聴覚に障害を持つ矢神葵選手(29)が出場する。JWPによると、耳の不自由な女子プロレスラーが同ホールのリングに上がるのは初めて。大きなハンディを乗り越えて聖地のリングへと出陣する。

続きはこちら・・・
18 : 33 : 16 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「横浜ランデヴーストア」がアーティストと地域作業所のコラボ商品販売
2010 / 12 / 15 ( Wed )
「横浜ランデヴーストア」がアーティストと地域作業所のコラボ商品販売

 アーティストと障害者施設が協働で開発した商品を販売する「横浜ランデヴーストア」が、横浜赤レンガ倉庫2号館1階(横浜市中区新港1)に期間限定で出店している。

 横浜市では、2009年より商品開発プロジェクト「横浜ランデヴープロジェクト」をスタートし、横浜市を拠点とする企業や「手作業」による「ものづくり」に取り組んでいる市内の地域作業所とのコラボレーションによるさまざまな商品を製作している。

 期間中は、織物のバッグやポーチ、点字用紙を再利用した封筒・ぽち袋、10種のフレーバークッキーなど、アーティストやデザイナー、イラストレーターと地域作業所が協働で開発したオリジナル商品をワゴンショップで販売する。

続きはこちら・・・
17 : 45 : 56 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者が作ったシイタケ人気 初日は「完売」
2010 / 12 / 14 ( Tue )
障害者が作ったシイタケ人気 初日は「完売」

 東京都江戸川区障害者就支援センターが生産しているシイタケが14日、東京メトロ西葛西駅南口広場で販売された。優良シイタケ3箱と廉価なネット入り15袋を用意し、完売した。

 センターがシイタケ栽培に取り組みだしたのは平成21年2月から。今年7月下旬には高級品種「富(とむ)富(とむ)」の菌床を仕入れ、9月から出荷を始めた。

続きはこちら・・・
21 : 40 : 06 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者に一足早いクリスマスを
2010 / 12 / 13 ( Mon )
障害者に一足早いクリスマスを、レストランのコース料理提供のイベント開催/茅ケ崎

 出入り口のスロープ設置や店内設備のバリアフリー化が多くのレストランで進まない中、日ごろレストランに出掛ける機会の少ない身体障害者にコース料理を堪能してもらうイベントが12日、茅ケ崎市内で開かれた。参加者はクリスマスソングの生演奏が流れる会場で、和食とフランス料理に舌鼓を打ち、一足早いクリスマス気分を味わった。

 同市元町の茅ケ崎地区コミュニティセンターで開かれたイベントは、市社会福祉協議会障害者生活支援センターの主催。

続きはこちら・・・
21 : 41 : 40 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
古本売った費用で視覚障害者向けの本を
2010 / 12 / 12 ( Sun )
古本売った費用で視覚障害者向けの本を スタバが活動

 大手コーヒーチェーン「スターバックスコーヒージャパン」(東京都)が今月、店で古本を集め、売ったお金を視覚障害者の本づくりのために寄付する活動を展開している。

 注文したカフェラテを受け取りにカウンターへ。そこに置かれた赤のカードが目に留まる。

 あなたのこころをすでに満たした1冊の本。同じ1冊の本が、役目を変えて、次の誰かにつながりますように

 この活動は、CSR(企業の社会的責任)活動の一環で、今月1日から全国877店のうち約450店で始まった。

 読み終えて要らなくなった本を回収し、中古本を扱うブックオフオンライン(神奈川県)で買い取ってもらう。お金は社会福祉法人日本点字図書館に寄付し、小説などを朗読した「録音図書」の制作費に活用する。

続きはこちら・・・
22 : 37 : 58 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
間伐材まきづくり、障害者生き生き 浜松の作業所
2010 / 12 / 10 ( Fri )
間伐材まきづくり、障害者生き生き 浜松の作業所

 浜松市北区の障害福祉サービス事業所「くるみ共同作業所」(永井昭理事長)と同区の都田建設(蓬台浩明社長)が、共同で県内の間伐材を活用したまきづくりに取り組み始めた。癒やしを誘うまきストーブの人気で、近年、まきは需要増。新たな取り組みは、不況で苦戦が続く作業所の利用者の生きがいづくりにもつながっている。
 経営するインテリアショップでまきストーブを扱う都田建設が、昨年ごろからのブームに対応して地元での安定調達先の確保のために同作業所に声を掛けた。
 作業所では一昨年秋の経済不況で、自動車関連部品の下請け作業などが約10分の1に激減。なんとか半分ほどまで持ち直したが、厳しさが続いていた。まきづくりは仕事の確保と地域との絆づくりにつながると快諾した。

続きはこちら・・・
22 : 23 : 47 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
全国障害者芸術・文化祭:個性作品、キラリ光る--あすから
2010 / 12 / 09 ( Thu )
全国障害者芸術・文化祭:個性作品、キラリ光る--あすから /徳島
 ◇絵画、写真、書など700点以上

 障害者による芸術・文化活動を通じ、障害への理解を深めてもらおうと、「第10回全国障害者芸術・文化祭とくしま大会」(愛称・ハート&アートとくしま)が10日、徳島市山城町の「アスティとくしま」で始まる。持ち回りで毎年開かれているが、中・四国での開催は初めて。このうち、県内外から700点以上が集まる作品展の出品作の一部を紹介する。

続きはこちら・・・
17 : 57 : 25 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
発達障害の悩みに対応、支援センター開設へ…岡山市
2010 / 12 / 08 ( Wed )
発達障害の悩みに対応、支援センター開設へ…岡山市

来秋 多様化対応 相談に力

 岡山県岡山市は、発達障害を持つ人と家族をサポートする「市発達障害者支援センター」(仮称)を2011年11月をめどに、同市北区春日町、市勤労者福祉センター1階に開設する方針を決めた。

 社会的関心の高まりなどを背景に、市立小中学校で発達障害の児童、生徒が増え、成人を含めた発達障害者の課題は多様化。市は「センターを中核に、市教委などと連携し、発達障害者や保護者の悩みに対応していきたい」としている。

 発達障害は、05年4月施行の発達障害者支援法の定義で、幼少期から現れる先天的な脳障害とされ、読み書きや計算が苦手な学習障害(LD)▽人との意思疎通がうまくできない自閉症やアスペルガー症候群▽不用意に行動してしまう注意欠陥・多動性障害(ADHD)――などに分類される。

 市の調査では、発達障害の子どもは09年度、市立小967人(08年度772人)、市立中191人(同164人)といずれも増加。このため市教委は10年4月、不登校などを担当する市教育相談室に、発達障害専門の分室を新設。保護者の電話相談に応じたり、教員に発達障害児への接し方を助言したりしている。

 一方、同法は都道府県や政令市に、発達障害者支援センターの設置を義務づけており、09年4月に政令市に移行した市は準備を進めてきた。センターの内容は、市こども企画課が検討中だが、相談業務や発達・就労支援、啓発・研修が柱になる見通し。担当の発達障害児相談主事や臨床心理士ら十数人を配置する予定だ。

続きはこちら・・・
22 : 02 : 09 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
両陛下 企業で働く障害者激励
2010 / 12 / 07 ( Tue )
両陛下 企業で働く障害者激励

天皇皇后両陛下は障害者の雇用を進めている埼玉県の民間企業を視察し、働いている障害者たちを励まされました。

両陛下は毎年12月3日からの「障害者週間」にちなんで福祉施設や障害者が働く企業を視察していて7日は埼玉県戸田市にある大手小売業の子会社を訪問されました。障害者の雇用を進めるためにつくられたこの会社は、およそ50人の従業員の70%近くが障害者で、各店舗に届ける商品の検品や包装紙などの物品の管理を行っています。両陛下は知的障害者たちが各店舗で必要な包装紙やリボンを店舗ごとのかごに手際よく積み込む様子をご覧になりました。

続きはこちら・・・
17 : 49 : 34 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害福祉事業所の作品を展示・販売 鴻巣で15~25日
2010 / 12 / 06 ( Mon )
作品展:障害福祉事業所の作品を展示・販売 鴻巣で15~25日 /埼玉

 上尾市上の障害福祉サービス事業所「ぷちとまと」の利用者による作品展が15日、「カフェ&ギャラリー香文木(こうぶんぼく)」(鴻巣市常光)で始まる。支援員の根岸あいさんは「温かみのある作品ばかり。ぜひ見に来て」と話している。

続きはこちら・・・
23 : 35 : 57 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
絵画や書など120点 5施設の300人が制作--久留米
2010 / 12 / 04 ( Sat )
ふれあいアート展:絵画や書など120点 5施設の300人が制作--久留米 /福岡
 ◇道の駅くるめ交流研修室

 久留米市善導寺町の道の駅くるめ交流研修室で「ふれあいアート展」(社会福祉法人悠光会主催)が開かれている。障害者施設や授産施設など5施設の入所者約300人が制作した絵画や書など約120点を展示。6日まで。【土田暁彦】

 障害者の福祉に対する理解を深めようと、国の定める「障害者週間」(3~9日)に合わせ、道の駅近くの同市山川町で施設を運営する同会が企画した。

 夏に咲くヒマワリを段ボールで立体的に描いたものや、クリスマスをテーマにした置物など季節感あふれる作品が並んでいる。

続きはこちら・・・
21 : 56 : 09 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
きょう(3日)から障害者週間、和歌山市内で街頭啓発(写真付き)
2010 / 12 / 03 ( Fri )
きょう(3日)から障害者週間、和歌山市内で街頭啓発(写真付き)

障害者の福祉について理解と関心を深めてもらおうと障害者週間の初日のきょう(3日)、和歌山市内で街頭啓発が行われました。
今月(12月)3日から9日までの障害者週間は、障害者の福祉について理解と関心を深め、社会や経済、文化などあらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めてもらおうと制定されたもので、毎年、この障害者週間にあわせて和歌山市などが街頭啓発を行っています。

続きはこちら・・・
20 : 04 : 55 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ダンスや手芸 障害者の集い
2010 / 12 / 02 ( Thu )
ダンスや手芸 障害者の集い

 障害者週間(3~9日)に合わせ、広島市内の障害者がダンスや手芸作品を披露する文化祭が5日、同市東区光町の市心身障害者福祉センターである。

 テーマは「かがやけ みんなの未来」で、41団体約500人が参加。1階パフォーマンス広場では、身体障害者の車いすダンスや知的障害者による和太鼓演奏、手話サークルの手話歌などのステージがある。また、障害者が指導役を務めるビーズアクセサリーの体験コーナーも設ける。

続きはこちら・・・
17 : 44 : 56 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者向け駐車許可制度がスタート 
2010 / 12 / 01 ( Wed )
障害者向け駐車許可制度がスタート 

 障害者向け駐車場の優先利用証を交付し、対象者を明確化する岡山県のパーキングパーミット(駐車許可)制度「ほっとパーキングおかやま」が1日、同県全域で始まった。

 岡山市北区下石井のイトーヨーカドー岡山店であった開始セレモニーで、同県の佐々木健保健福祉部長は「制度を周知し、障害のある人の社会参加を進めたい」と強調。車いす利用者の福島隆明さん(63)=同市中区新京橋=に利用証を手渡し、同店の優先駐車場でテープカットした。

続きはこちら・・・
17 : 27 : 04 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。