スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
和太鼓コンサート、迫力の演奏で魅了 全盲の片岡さん
2010 / 11 / 30 ( Tue )
和太鼓コンサート、迫力の演奏で魅了 全盲の片岡さん

 全盲の和太鼓奏者、片岡亮太さん(26)のコンサートが29日夜、和歌山県串本町串本の町文化センターであった。威勢の良い掛け声とともに力強く太鼓を打ち鳴らし、満員の聴衆が聴き入った。片岡さんは「失明した時は絶望したけれど、太鼓に救われ、さまざまな人との縁ができた。今は人生が楽しい」と語り、多くの人に感動を与えた。

 みくまの支援学校の生徒とOBの三宅太鼓チーム「はやぶさ」の演奏の後、片岡さんが登場した。広大な自然を思い起こさせる「ジャングルビート」から始まり、初めて自作した曲「大地」では力強い演奏とともに「ホーミー」という笛のような高音の歌声を披露し、来場者の心を揺さぶった。この日のために覚えたという「串本節」では来場者からひときわ大きな拍手が起こった。観客も手拍子や掛け声で会場を盛り上げた。

 演奏の合間には体験や今後の目標を語った。静岡県に生まれた片岡さんは10歳の時に失明したが、初めて太鼓をたたいて「これだ」と直感し、心が軽くなったという。

 現在はプロ奏者として各地で演奏会や講演をしており、来年1月から1年間、アメリカのコロンビア大学に留学し「障害学」を学ぶ。障害に対する社会の認識を変えたいという。片岡さんは「失明した時、死んだ方が楽だと思ったことがあったが、生き続けることで人生が楽しくなった。生きることは楽しいということを発信していきたい」と締めくくり、終了後は退場する人を出迎え一人一人と握手を交わした。

続きはこちら・・・
スポンサーサイト
21 : 21 : 51 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
横浜ゴム、車いす用ハイテククッションを発表
2010 / 11 / 29 ( Mon )
横浜ゴム、車いす用ハイテククッションを発表

自動車用タイヤを主力製品とする横浜ゴムは、ホースやコンベアベルトなどのゴム製品をはじめとした“非タイヤ”の分野にも力を入れている。そして2010 年9月29日、同社が、車いす用クッションのマーケットに初参入した製品が、今回発表された「Medi-Air1」だ。タイヤ事業で培った緩衝技術と、防舷(ぼうげん)材(船の接岸時における緩衝材)に用いられる空気圧調整のセンサー技術を生かしたものであるという。

「Medi-Air1」は、座りっぱなしという状況にある車いす使用者の床ずれ防止効果が期待できるという製品。
クッションを構成するのはエアーセルと呼ばれる部品で、内部のエアーは自動的に調整され、体型に合わせた最適な体圧分散状態が保持できる仕組みになっている。座骨が接触する部分には一つ一つにセンサーを内蔵。体の傾きなどを感知すると底付き手前で空気量を増やし、体の傾きを補正する機能が採用されている。

続きはこちら・・・
23 : 07 : 00 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
福祉事業所のパン、スーパーで販売 鹿沼
2010 / 11 / 28 ( Sun )
福祉事業所のパン、スーパーで販売 鹿沼

 【鹿沼】発達障害者らの自立や就労を支援するNPO法人「クリエイティブ・コミュニケーション・ビレッジ(CCV)」(福田由美理事長)は25日、福祉サービス事業所で障害者らが製造した手作りパンの販売を市内のスーパー2店舗で開始した。30種類を超える豊富なメニューには、カメの甲羅やクマ、パンダの顔を模したユニークなパンもあり、来店した親子連れらに好評を博している。

 CCV内で障害者福祉サービス部門を担う「CCVウエルフェア」は4月、市花木センター敷地内にパン製造・販売の「こぐまのパンやさん」を設置。富屋特別支援学校鹿沼分校の教職員への訪問販売などを経て、今回、初めてスーパー「ヤオハン」の北部店と樅山店で一般向け販売を始めた。

続きはこちら・・・
14 : 41 : 58 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
全国初 バリアフリー映画祭
2010 / 11 / 27 ( Sat )
全国初 バリアフリー映画祭

 障害がある人も楽しめる「バリアフリーさが映画祭」が26日、佐賀市内で始まる。副音声や字幕を多用した邦画やアニメ映画の計9作品が上映される。県障害福祉課によると、バリアフリー映画に特化した映画祭は全国で初めて。
 25日には、映画祭初日に全国に先駆けて先行上映される「武士の家計簿」の森田芳光監督が古川康知事を表敬訪問した。森田監督が「チャンバラがない、角度の違った時代劇で、女性やいろんな世代に見ていただけると思う」と映画を紹介。古川知事は「映画では家族愛や人間愛が描かれ、バリアフリー映画祭にふさわしい」と応じた。
 バリアフリー映画とは、視覚や聴覚に障害を持つ人のために副音声や字幕で情報を補う映画のこと。副音声で登場人物の動きを臨場感を込めて解説したり、笑い声やため息などの効果音や画面に映っていない人物の名前を字幕で表現したりする。映画の情感を損なわないよう字幕や副音声の作成には監督やプロデューサーが直接かかわるという。
 アバンセ(佐賀市天神3丁目)では26~28日、9作品を上映。26日は「おくりびと」の滝田洋二郎監督の舞台あいさつや、「ニセ札」の木村祐一監督と古川知事のトークセッションなどもある。

続きはこちら・・・
14 : 45 : 19 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
来年の干支「ウサギ」の置物作り進む 障害者施設ちくもう
2010 / 11 / 25 ( Thu )
来年の干支「ウサギ」の置物作り進む 障害者施設ちくもう

 福知山市昭和新町、障害福祉サービス事業所ちくもう(芦田ふゆ子施設長)で、来年の干支(えと)・卯(う)にちなみウサギの陶製置物作りが行われている。いま仕上げの段階で、27、28両日、施設で開催のバザーで販売する。

 干支の陶芸品作りは1989年に午(うま)から始まり、2000年で十二支を一巡した。
 
 今年は約700個作る計画で、4月中ごろから作業に入り、陶芸班の5人が粘土を型にはめたり、色付けしたりして分担で進めてきた。
 
 大小合わせて10種類あり、俵に手をついているウサギやフェルトで作ったマフラーを付けているものなど、可愛らしい置物ばかり。

続きはこちら・・・
16 : 24 : 45 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「高次脳障害に在宅ケアを」
2010 / 11 / 24 ( Wed )
「高次脳障害に在宅ケアを」

 交通事故による脳損傷などで記憶や注意力が弱まる高次脳機能障害の研修会が23日、広島市中区の広島YMCAであった。患者や家族、医療福祉関係者約210人が参加。外見では判断しにくい後遺症への理解を深めた。

 講演で、岐阜医療科学大の阿部順子教授は在宅ケアの重要性を指摘。「介護ヘルパーと連携し、買い物や調理などを繰り返して生活行動を覚えさせる訓練が大切」と強調した。

続きはこちら・・・
18 : 36 : 54 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者と野菜の力を生かす 仙台にビュッフェレストラン開業へ
2010 / 11 / 22 ( Mon )
障害者と野菜の力を生かす 仙台にビュッフェレストラン開業へ

 仙台市若林区六丁目に、障害者が働く自然派ビュッフェレストラン「六丁目農園」が24日、オープンする。客席70席でバイキングに絞るスタイルで、「障害者の労働力」と「野菜」の再生を目指すという。

 運営するのは、市内でたい焼き店も経営する障害福祉サービス事業所アップルファーム。店舗はe―環境仙台ビルの1階で、レストランだった物件をそのまま借り受けた。
 毎日60種ほどのメニューをそろえる。昼も夜もバイキング形式にすることで、障害者が接客やオーダーに追い立てられられず、手作りするピザや豆腐、ケーキといった看板商品の「職人」として力を発揮できる環境をつくる。客にも気遣いなく過ごしてもらう。

続きはこちら・・・
17 : 44 : 14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
頑張るジンタ…もっと知って介助犬
2010 / 11 / 21 ( Sun )
頑張るジンタ…もっと知って介助犬

 手足が不自由な人の生活を24時間助ける「介助犬」が栃木県内でただ1頭、活躍している。

 県北在住の鈴木佑里さん(24)と暮らすレトリバー種の「ジンタ」(オス、2歳)。冷蔵庫から飲み物を取ってきたり、ドアを開けたりと不可欠の存在だ。介助犬は法律上、飲食店やスーパーにも同伴を認められているが、実際には入店を断られることもあるといい、認知度は低い。鈴木さんとジンタはイベント会場などで「介助犬をもっと知って」と啓発活動を続けている。

 鈴木さんは大学卒業後に就職したが、手足の筋力が弱くなる「四肢体幹機能障害」が進行。2年前から車いす生活となって退職し、現在は実家で療養している。のどが渇きやすく、夜中にも飲み物や薬を必要とする。だが自室は2階にあるため、何度も1階の冷蔵庫に取りに行くのは難しい。

 「ブリング・ボトル!」。英語で指示を出すと、ジンタはしっぽを振って取ってくる。何度頼んでも、喜んで役に立とうとする。

 障害で仕事の継続が難しくなって落ち込んでいたが、元気づけたのが介助犬の世界だった。昨年8月、都内の福祉機器展で日本介助犬協会のブースを見つけ、初めて介助犬を見た。同協会のトレーナーが熱心に説明してくれたことで介助犬を持ちたくなった。「自分自身も前向きに変われる気がした」と振り返る。

 介助犬は、日本に導入されてまだ十数年。肢体不自由者のうち必要な人は全国に約1万5000人いるとされるが、厚生労働省によると介助犬は51頭しかいない(1日現在)。

 介助犬は、身体障害者補助犬法で認められた事業者の訓練や試験を受けて認定されるが、これらの施設はNPO法人が運営するケースが多く、育成の人手は足りていない。また、介助犬を訓練する事業者には都道府県が補助金を出しているが、利用者には多くの自治体で助成制度がないことも普及を阻む。

続きはこちら・・・
23 : 14 : 38 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者が作って販売 福祉フェア
2010 / 11 / 20 ( Sat )
障害者が作って販売 福祉フェア

 苫小牧や近郊の障害者施設が集まり、授産製品の販売や活動をPRする「福祉フェアinとまこまい2010冬 ふれあう想い~つながる心」が、イオン苫小牧ショッピングセンターを会場に、20~21日の日程で始まった。

 苫小牧、白老、新冠の授産施設など10事業所が出店した。障害者が日ごろの作業で製造しているクッキーやシフォンケーキ、手工芸品が並び、販売にも携わった。

続きはこちら・・・
18 : 40 : 18 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
スポーツげんきのくに:障害者スポーツ大会
2010 / 11 / 17 ( Wed )
スポーツげんきのくに:障害者スポーツ大会 115人参加、みなべV /和歌山

 第26回日高郡身体障害者スポーツ大会(日高郡身体障害者福祉連盟主催)が9日、由良町の由良体育センターで開かれ、同郡に住む身体障害者や家族など115人が参加し、玉入れ競技などに熱戦を繰り広げた。各町対抗で、みなべ町が優勝した。

 健康や身体機能の維持・増強を図り、親交を深めようと、2年ごとに開かれている。開会式では久世利一・由良身体障害者福祉協会会長が選手宣誓。スプーンリレーやパン釣り競争、玉入れ、○×クイズ、ボール送り競走などの競技が繰り広げられた。

続きはこちら・・・
18 : 02 : 59 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大分国際車いすマラソン:30回大会 若手が台頭、笹原選手が県勢トップ
2010 / 11 / 16 ( Tue )
大分国際車いすマラソン:30回大会 若手が台頭、笹原選手が県勢トップ /大分
 ◇ハーフは渡辺選手V

 小春日和の大分路を銀輪が駆け抜けた14日の第30回大分国際車いすマラソン。スイスのマルセル・フグ選手(24)が初優勝を果たし、若手の台頭を印象付けた。今大会から賞金レースが導入され、20カ国から計307人(県内31人を含む)が出走、県勢は笹原広喜選手(36)が総合30位で、県内1位に輝いた。【深津誠】

 午前11時に県庁前をスタート。ゴールの大分市営陸上競技場内で首位争いを演じる激戦を制したのは、「400メートルの短距離に自信がある」というフグ選手。2~4位がいずれも2秒差という僅差で逃げ切った。

 笹原選手は06年に優勝したが08年に第一線を退いた。慎重にスタートを切って第4集団につけたが徐々に前進、前方の集団に追随してペースを保つ。「1時間40分を切る目標を達成し上出来です」と笑顔を浮かべた。昨年11月に手でペダルをこぐ自転車「ハンドサイクル」を始めたからか「肩まわりの筋肉が予想以上についていた」と勝因を分析した。

 また、ハーフは、県勢の渡辺習輔選手(42)が45分11秒で2年ぶり6回目の優勝を果たした。

続きはこちら・・・
21 : 48 : 50 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新法へ意見反映要望 障がい者の生活権を尊重して
2010 / 11 / 15 ( Mon )
新法へ意見反映要望 障がい者の生活権を尊重して

 「障がいのある人と援助者でつくる日本グループホーム学会」(山田優代表)沖縄セミナーが14日、宜野湾市内で開かれ、廃止される障害者自立支援法に代わる新たな障害者総合福祉法に、障がい者の声が最大限反映されるよう訴えた。

 今後の福祉政策を議論する内閣府福祉部会のメンバーも務める同学会の光増昌久副代表が講演。「自立支援法は、実際には現場の関係者や働く障がい者の声を聞かず、政治家も知らされないまま、大事なことは政令などを通じて決められ、障がい者の就労・自立を難しくした」と批判した。

続きはこちら・・・
16 : 23 : 34 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「ねむ工房」の通所者7人、象郷小児童と植えつけ--香川・琴平町
2010 / 11 / 13 ( Sat )
ニンニク:「ねむ工房」の通所者7人、象郷小児童と植えつけ--香川・琴平町 /四国

 ニンニクの産地、香川県琴平町で4日、町内の心身障害者小規模作業所「ねむ工房」の通所者7人が、町立象郷小学校3年生の36人と同小近くの畑で、種の植え付け作業をした。

 町社会福祉協議会が作業の一つとしてニンニク栽培をねむ工房に持ち掛け、今年度、ニンニクをテーマに学習している児童が手伝った。通所者と児童は一緒に畑に入り、約10アールの畑に約1万5000個の種を等間隔に植え付けていった。

続きはこちら・・・
20 : 12 : 41 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
社会見学で小学生が障害者とふれあい
2010 / 11 / 12 ( Fri )
社会見学で小学生が障害者とふれあい

大分市立丹生小学校の5、6年生の児童が12日別府市で障害者とのふれあいをテーマにした体験学習を行いました。
子どもたちは、NPO法人「自立支援センターおおいた」が、企業の協力を得て取り組む街頭宣伝活動に参加。
「車椅子宣伝志団」と呼ばれるメンバーと一緒に商店街を歩き、地元の飲食店で提供されるホルモン料理をPRしました。
丹生小学校では人権学習の一環として老人福祉施設との交流などにも取り組んでいます。

ニュースソースはコチラ・・・
22 : 23 : 34 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
くるまいすまいる:その後のゆりあ絵日記 /兵庫
2010 / 11 / 11 ( Thu )
くるまいすまいる:その後のゆりあ絵日記 /兵庫

 「18歳以上の障がい者のみなさん、いっしょに登山しましょう。車いすもOK」という、伊丹市の障害者福祉施設・アイ愛センター主催のイベントに参加ました。肢体、知的、視覚障がい者12人にボランティア、センターの職員さん15人が同行、阪急岡本駅から保久良神社まで、約1時間のハイキング。介助者ひとりでは全力で車いすを押しても登れないような急坂もありましたが、ボランティアさんたちがロープを掛け、引っ張ってくださいました。

続きはこちら・・・
16 : 35 : 07 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
自転車安全教室:障害者ら対象に 小豆島で75人参加
2010 / 11 / 10 ( Wed )
自転車安全教室:障害者ら対象に 小豆島で75人参加 /香川

 小豆島町安田の障害者福祉施設「あすなろの家」の利用者を対象にした自転車の交通安全教室が、同町西村の道の駅オリーブナビ小豆島であった。町職員や小豆署員ら約75人が参加した。

 あすなろの家では、5人が自転車で通っている。この日は、4人の自転車のブレーキなどを修理業者が点検。また自転車に乗る時、タイヤの空気は十分に入っているかなどを同署員と一緒に確認した。

続きはこちら・・・
17 : 14 : 37 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
湖西で知的障害者と民生委ら楽しく料理
2010 / 11 / 09 ( Tue )
湖西で知的障害者と民生委ら楽しく料理 みんなでおいしく味わう

 湖西市健康福祉センターで7日、「民生委員さんとのわいわいクッキング」が行われ、市内の知的障害者らが民生委員と一緒に料理実習に取り組んだ。

 障害者の自立訓練を兼ねて2007年度から実施、今年で4回目。参加したのは湖西市手をつなぐ親の会成人部会の会員ら14人と民生委員2人。市の管理栄養士の三浦文代さんが講師を務めた。


続きはこちら・・・


14 : 16 : 59 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
安心築いた自信作 障害者施設の食パン
2010 / 11 / 08 ( Mon )
安心築いた自信作 障害者施設の食パン

 横浜市緑区北八朔町にあるパン工房「しろくまのパン屋さん」。昼前になると、たくさんのパンが焼き上がる香ばしいにおいが漂う。

 一番人気は「大吟醸パン職人」と名付けられた食パン。焼きたてを手でちぎると、中はもっちりとしてしっとり。口に入れると、濃厚なのに優しい味わいが広がる。最高級の小麦粉を使い、水の代わりに牛乳、砂糖の代わりにはちみつを使ったちょっとぜいたくな一品。一斤350円と高めだが、すぐ売り切れる。

 このパンを作るのは、知的障害者福祉施設「愛」の利用者とスタッフ。「大吟醸」だけでなく菓子パン、調理パンなど毎日50種類ほどを焼き上げ、本店と青葉区役所など計3店で販売している。

続きはこちら・・・
22 : 46 : 41 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
レース型の「ハンドサイクル」登場
2010 / 11 / 07 ( Sun )
レース型の「ハンドサイクル」登場

 手でハンドルを回してこぐ自転車「ハンドサイクル」のレース型マシンが十勝に初登場、車いすアーチェリーなどで活躍する帯広の斉藤伸弘さん(43)がトレーニングを開始した。最高速度は時速40キロ台で、障害者スポーツの新分野として注目、2008年の北京パラリンピックから正式種目になっている。帯広の福祉車両・用具改造ショップのイフ(内藤憲孝社長)が調整を担い、長距離の自転車競技に参加するなど障害者スポーツ普及の足掛かりにしたい考えだ。

続きはこちら・・・
19 : 58 : 56 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
スペシャル五輪:史上最多1046人が参加 大阪で開幕
2010 / 11 / 05 ( Fri )
スペシャル五輪:史上最多1046人が参加 大阪で開幕

 知的発達障害者のスポーツの祭典「第5回スペシャルオリンピックス(SO)日本夏季ナショナルゲーム」が5日、大阪市で開幕した。4年に1度開かれる全国大会で史上最多の1046人が参加。6、7日に大阪府内の会場で、陸上、水泳など12競技が行われる。

 大阪市中央区の大阪城ホールで開かれた開会式では元マラソンランナーの有森裕子・大会会長が「ビリケンさんに負けない笑顔で、それぞれの目標に向かって頑張ってください」とあいさつした。

続きはこちら・・・
21 : 01 : 53 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
秋の収穫祭:若松の福祉施設、芋掘りで交流
2010 / 11 / 04 ( Thu )
秋の収穫祭:若松の福祉施設、芋掘りで交流 /福岡

 若松区安屋の福祉施設「共働(きょうどう)の家ぴのきお」(河野修三所長)で3日、秋の収穫祭があり、入居者ら約60人が芋掘りを楽しんだ。

 掘ったのは、約600坪の畑に6月に植えたサツマイモ。近くの福祉施設の利用者や家族、スタッフ、地元住民らも招いて芋掘りに汗を流した。バーベキュー大会もあり、焼き芋やスイートポテトを味わった。

 「共働の家」は、障害者や高齢者、支援者が共同生活をしているグループホーム。このうち、デイサービスセンターとヘルパーステーションが「ぴのきお」で、現在30~90代の8人が入居している。昨年から農作業に取り組んでいるという。

続きはこちら・・・

15 : 07 : 44 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
11月に神戸で視覚障害者用福祉機器展を開催
2010 / 11 / 02 ( Tue )
11月に神戸で視覚障害者用福祉機器展を開催

最新福祉機器が勢ぞろい
視覚障害者ら目の不自由な方の日常生活を補助する最新機器が集まった「視覚障害者用福祉機器展2010エンジョイ!グッズ展in KOBE展」が、2010年11月12日午前10時半~午後3時半、神戸市中央区橘通3の市立総合福祉センター5階、さくらホールで開かれます。

入場は無料で、後援は神戸市立点字図書館主催・日本ライトハウス協力・神戸市視力障害者福祉協会などです。

続きはこちら・・・
20 : 51 : 05 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。