スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
職人+障害者 サンゴの魔法
2010 / 04 / 30 ( Fri )
職人+障害者 サンゴの魔法

 高知市のJR高知駅前にある「土佐・龍馬であい博」のメーン会場で、サンゴストラップ(1個500円)が限定販売され、人気を呼んでいる。同市朝倉己の障害者福祉サービス事業所「びーねっと」で働く障害者たちが、大月町出身のサンゴ職人中野邦治さん(65)の指導で作っている。(大蔦幸)

 中野さんは3歳の時のけがが原因で、左足に障害がある。長年、地元でサンゴ店を経営した後、別のサンゴ店に就職。65歳で定年を迎え、昨年11月、びーねっとに職業訓練指導員として採用された。

 同事業所は1999年12月、さまざまな障害がある人を受け入れる事業所として発足。パソコンのソフト開発やホームページの開設を請け負っている。だが、2003年ごろからパソコンの仕事が減ってきたため、銀を使ったネックレスやストラップの製造販売に力を入れてきた。

 サンゴにバラや菊などを彫る技術を持つ中野さんは採用後、すぐにサンゴストラップを考案した。小さなサンゴの切れ端と、光りの加減で七色に見えるヤコウ貝を直径4センチに切り、クローバー型と桜型の2種類のストラップにした。

 現在、同事業所に雇用されている12人のうち5人が担当。サンゴや貝の研磨、ひも付けなど障害の程度に合わせて仕事を分担している。彫刻の作業は中野さんのほか、手先が器用な従業員1人が担当している。

続きはこちら・・・
スポンサーサイト
21 : 59 : 23 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
育成園利用者の作品展示 郷さん、長船さんの二人展も--名張
2010 / 04 / 29 ( Thu )
作品展:育成園利用者の作品展示 郷さん、長船さんの二人展も--名張 /三重
 ◇和紙の絵、書など30点--ぎゃらりー〇で

 名張市美旗中村の障害者福祉施設、名張育成園の利用者による作品展と、陶芸家の郷隆次さん=同市さつき台=、染織家の長船智子さん=同市桔梗が丘=による二人展が、同市さつき台2、ぎゃらりー○(わ)で同時開催されている。ギャラリーのオーナーでもある郷さんは「育成園の利用者の方たちの作品を紹介するのは初めて。ぜひたくさんの人たちに見てもらいたい」と呼び掛けている。

 郷さんは以前、市立病院内に飾ってあった育成園の利用者が書いた書の作品をたまたま目にし、感銘を受けた。知り合いでもあった同園の理事長に、ぜひ自分のギャラリーでも作品を展示したいと声を掛け、今回の作品展が実現した。

続きはこちら・・・
22 : 59 : 50 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
雨の日でもぬれんとよ 車いすカバー開発
2010 / 04 / 28 ( Wed )
雨の日でもぬれんとよ 車いすカバー開発 福岡市の福祉団体とトヨタ系企業

 障害児保護者の会でNPO法人の「クックルー・ステップ」(福岡市)は、トヨタ自動車のグループ企業と共同で、雨や寒さを防ぐ車いす用カバー「ヌレント」を開発、今月から全国販売が始まった。法人理事長の古賀裕子さん(45)が経験してきた障害児育児での「困った」が新商品に結び付いたという。車いす利用者が外出する際の手助けとなりそうだ。

■育児の「困った」から発案

 ヌレントは、車いすの介護ハンドル部分に頭部を覆う屋根を固定し、雨など防ぐビニールカバーをファスナーで取り付けられる構造。カバーは簡単に外せ、屋根だけで日よけにも使える。商品名は「(カバーがあれば)雨でもぬれんとよ」という博多弁に由来し、商標登録の申請中。車いすの種類は多いため、商品は大きさに合わせ製造するオーダーメードだ。

 特別支援学校に通う子どもを毎日、バス停まで車いすで送り出す古賀さんは、雨など悪天候の日は車を使わざるを得なかった。バス停周辺に駐車できる場所は少なく、バスに乗せるまでにどうしてもぬれていたという。

続きはこちら・・・
22 : 17 : 22 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
あっぱれ!おかやま:障害者雇用に取り組む、トモニー
2010 / 04 / 27 ( Tue )
あっぱれ!おかやま:障害者雇用に取り組む、トモニー /岡山
 ◇一人一人が貴重な戦力

 「いらっしゃいませ、ありがとうございました。いつも元気なトモニーです」。大声であいさつするのは自閉症、ダウン症、軽度の知的障害者たち。従業員の半数が何らかの障害を持つ総合サービス会社「トモニー」=北区祇園=の1日は朝礼から始まる。社名のトモニーは「共に」を意味し「共に働く、共に生きる」が基本理念だ。

 キーワードは「利益を出す」。本社は、複数の障害者・高齢者福祉施設などを運営する社会福祉法人「旭川荘」の敷地内にあり、旭川荘で使われるシーツやタオル類の洗濯、クリーニングや施設の清掃を請け負う。食堂や喫茶店も経営する。

 87年の会社設立から一貫してかかわる萩原義文専務は「障害者がかわいそうというだけでは何も変わりません。障害があったとしても貴重な戦力として扱う。一人一人が能力を発揮してもらえばいい」と語る。この発想は注目され、視察の申し込みも少なくない。

続きはコチラ・・・
23 : 36 : 58 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大阪市が人権に関するポスターデザイン&キャッチコピー募集
2010 / 04 / 26 ( Mon )
大阪市が人権に関するポスターデザイン&キャッチコピー募集

大阪市市民局人権室では、若年層を中心に、より多くの人々に人権について理解を深め、主体的に人権に関する取り組みに参加してもらうために、人権に関するポスターデザイン及びキャッチコピーの募集を、2010年4月26日から始めた。期間は同年9月8日まで。

募集作品は、「人権啓発ポスターデザイン」「情報誌広告デザイン」「新聞広告デザイン」「人権啓発キャッチコピー」の4種類があり、作品募集人権テーマは、「就職差別撤廃月間(6月)」「大阪市高齢者福祉月間(9月)」「大阪府部落差別事象に係る調査等の規制等に関する条例の啓発推進月間(10月)」「児童虐待防止推進月間(11月)」「犯罪被害者週間(11月25日~12月1日)」「障害者週間(12月3日~9日)」「多文化共生社会の実現のために」「人権全般」「人権週間(12月4日~10日)」という9つを設定している。

続きはこちら・・・
21 : 09 : 27 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
港区で1000人 福祉まつり
2010 / 04 / 25 ( Sun )
港区で1000人 福祉まつり

 「ライトハウス福祉まつり」が24日、名古屋市港区の障害者施設「明和寮・港ワークキャンパス」で行われた。今年で11回目で、約1000人が訪れた。

 まつりは地域住民に障害者への理解を深めてもらうのが狙いで、社会福祉法人「名古屋ライトハウス」が企画した。施設では約200人の障害者がプラスチック加工などの仕事をしており、まつりでは仕事場を一般に公開。点字コーナーや車いす体験コーナーなどを設けた。また、同区の港南中学校吹奏楽部とOBでつくる港南吹奏楽団の演奏や地元住民が出した屋台もあり、会場はにぎわっていた。

 20年以上施設で働いている津阪章二さん(45)は「多くの人がまつりに参加して、障害者の気持ちをわかってほしい」と話していた。

ニュースソースはこちら・・・
22 : 14 : 16 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
まちなか福祉喫茶オープン 障害者と交流の場に 佐野
2010 / 04 / 24 ( Sat )
まちなか福祉喫茶オープン 障害者と交流の場に 佐野

 【佐野】小中町の社会福祉法人「とちのみ会」が大町で運営する総合福祉施設「どんぐり」の1階に24日、職員と障害者が接客する福祉喫茶がオープンした。共生社会の実現に向け、地域住民との交流の場を目指す。

 施設は旧国道50号沿いで今月から運営。1階に作業所や多目的スペース、相談支援室、2階に障害者が入居するケアホーム(定員11人)を備え、5月からは小児科医が発達障害児の親の相談に乗る取り組みも始まる。

続きはこちら・・・
21 : 55 : 13 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
福祉施設の品々を年中無休で販売する店オープン
2010 / 04 / 23 ( Fri )
福祉施設の品々を年中無休で販売する店オープン

地域の福祉施設が合同で運営する店がきょう北上市のショッピングセンター内にオープンし記念のセレモニーが行われました。福祉施設で作られる品々が年中無休で販売される全国でも珍しいお店です。オープンした「まごころ工房」は北上市と西和賀町にある9つの福祉施設が合同で運営するお店です。18坪の店内には自家焙煎のコーヒー豆やキムチといった食品の他、可愛らしい刺繍の施されたハンカチなど手間をかけて作られた品々が所狭しと並んでいます。出店した福祉施設ではおととしから月1回、共同で合同販売会を行っていましたがショッピングセンターに常設店舗を構えるのはどの施設にとっても初めての経験です。店舗が入居するこのショッピングセンターは年中無休なため、「まごころ工房」も年間を通じて休みがありません。

続きはこちら・・・
22 : 02 : 37 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
点訳・音訳ボランティア講習会:大分で開講式 /大分
2010 / 04 / 22 ( Thu )
点訳・音訳ボランティア講習会:大分で開講式 /大分

 点訳、音訳ボランティアを養成する講習会の今年度の開講式がこのほど、大分市中島東の県盲人福祉センターであった。受講者は計28人。1年間、基礎知識や技術を学ぶ。

 点訳、音訳ボランティアは、県点字図書館で貸し出す点字図書や録音図書の作成などをする。講習会は、同図書館が県の委託を受けて開催。

続きはこちら・・・
21 : 45 : 56 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
伊達・太陽の園が福祉作業所 23日に開所式 販売コーナーも
2010 / 04 / 21 ( Wed )
伊達・太陽の園が福祉作業所 23日に開所式 販売コーナーも

 【伊達】福祉のマチづくりを進めている市の中心部に、知的障害者総合援護施設「太陽の園」(前原孝敏総合施設長)が初の作業所を開設、23日に開所式を行う。市郊外にある同園を出て中心部に居住する園生は、作業のために同園に通う必要がなくなった。販売コーナーも設置する予定で、地域住民との交流も期待されている。

 作業所は同市錦町に完成、既に利用が始まっている。障害の有無にかかわらず、「人が集まる場所に」との願いを込め「あつまーる」と名付けた。木造2階建て293平方メートルで1階に作業室2室と事務所、販売コーナーを想定したスペースがあり、2階は作業室、食堂となっている。

 太陽の園が市中心部で運営する宿泊寮や、24時間介護のケアホームなどから通う園生は34人。これまでは巡回バスで同園まで行き、園内の作業所で仕事に従事していた。

 園生たちは、午前9時から午後3時ごろまで、ウニを詰める木箱や七宝焼の飾り物づくり、刺しゅうなどの仕事をこなしている。

続きはこちら・・・
23 : 29 : 39 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ご飯モチモチ つきたて人気 がち米工房で精米
2010 / 04 / 20 ( Tue )
ご飯モチモチ つきたて人気 がち米工房で精米

 【北谷】北谷町の障害福祉サービス事業所「ニライの里」が運営する「がち米工房」で精米された米が、地域住民から評判だ。半月で3~5キロ入り計100袋以上の注文があり、購入者によると「新鮮でモチモチしている」という食感が魅力のようだ。
 がち米工房は町有地に県の補助で建てられ、1日オープンした。精米機器は財団法人JKAの競輪補助事業で寄贈された。1時間に約240キロを精米し、現在は山形、宮崎など全国4カ所の5銘柄を扱っている。価格は銘柄によって3キロ約千円から5キロ約2千5百円まで。事業所の利用者が玄米を機械に通し、計量や包装までこなすほか、地域のお年寄りなど、希望者には配達もしている。

続きはこちら・・・
21 : 43 : 51 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者施設がネット販売
2010 / 04 / 19 ( Mon )
障害者施設がネット販売

 広島市安芸区矢野東の社会福祉法人「安芸の郷(さと)」は、運営する障害者通所施設で手掛けた商品のインターネット販売を始めた。販路を拡大して収益増、通所者の工賃アップにつなげる。

 2月に試行、今月から本格販売を始めた。「森の工房AMA(あま)」(矢野東)の通所者が作った木製まな板、あい染めの布製品、農家から仕入れたかんきつなど6品目。7月には主力商品のブルーベリーも加える。生食用やジャム、苗木を取り扱う予定だ。

 施設では、約60人の通所者が部品組み立てなどの請負業務や食品製造・販売に取り組んでいる。不況で請負の収入は減ったが、食品の売り上げは伸びている。

続きはこちら・・・
22 : 20 : 48 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
物品販売で住民と交流深め、地域作業所がフラワーバザー
2010 / 04 / 18 ( Sun )
物品販売で住民と交流深め、地域作業所がフラワーバザー

 知的障害者の働く場となっている地域作業所「一歩舎」(横浜市鶴見区下末吉2丁目)で18日、物品販売を通じて地域住民との交流を深めるイベント「フラワーバザール」が開かれた。

 フラワーバザールは、18年前から毎年4月に開催。屋外の仮設テントや作業所内では洋服や日用雑貨、通所する障害者が作ったタオルのほか、焼き鳥などの軽食が販売され、近隣住民が訪れた。洋服や日用雑貨は、横浜市の広報「広報よこはま」を通じて不要になった日用品の寄付を呼び掛けて準備。地元の町内会や社会福祉協議会のメンバーら約100人が販売や会場設営を手伝った。

続きはこちら・・・
23 : 26 : 05 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「喜びと誇りを感じる」/障害者自立支援法
2010 / 04 / 17 ( Sat )
「喜びと誇りを感じる」/障害者自立支援法

■和解で報告会

 福祉サービスの利用料に原則1割負担を課す障害者自立支援法の違憲性が問われた集団訴訟で16日、全国12例目となる和解が岡山地裁で成立した。原告側は和解に喜ぶ一方、新しい制度などへの期待と不安が絡み合う複雑な思いも見せた。

 訴えていたのは美咲町原田の清水博さん(61)。脳性まひによる車いす生活を送っている。清水さんは2009年8月に国と町を相手取り、06年の同法施行後に自己負担した利用料と慰謝料など計約14万7千円を賠償するよう求めて提訴した。

続きはこちら・・・
21 : 55 : 04 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
西日本最大級の福祉の展示 「バリアフリー2010」南港で
2010 / 04 / 16 ( Fri )
西日本最大級の福祉の展示 「バリアフリー2010」南港で

総合福祉展「バリアフリー2010」 西日本最大級の総合福祉展「バリアフリー2010」が15日、大阪市住之江区のインテックス大阪で開幕した=写真。264社・団体の最新の福祉関連機器の展示のほか、高齢者住宅改修セミナーや車いす試乗体験などを通して、高齢者や障害者らの快適生活を提案する。17日まで。

 高齢者の住みやすい住環境▽福祉車両や車いすなどの移動機器▽介護・コミュニケーション機器関連など―と大きく3つのテーマで構成。また、「ベッドから1人で車いすに乗りたい。1人で入浴したい」といった福祉用具の個別援助に取り組む企業の報告や、バリアフリー・ワークショップなども開かれ、多様な角度から福祉機器を紹介する。

続きはこちら・・・
22 : 36 : 49 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
専用駐車区間362か所 高齢者、障害者、妊婦対象
2010 / 04 / 15 ( Thu )
専用駐車区間362か所 高齢者、障害者、妊婦対象

 官公庁や病院の周辺道路上に高齢者や障害者、妊婦専用の駐車区間を設ける改正道路交通法が19日に施行されるのを前に、警察庁は15日、駐車区間の設置場所が全国362か所(計約1150台分)に上ると発表した。

 制度は高齢ドライバーらが運転しやすい環境を整えるのが狙いで、全国の警察本部は今後、さらに駐車区間を増やす方針。

 警察庁によると、駐車区間が設けられるのは、駐車場が足りない官公庁や病院、郵便局、福祉施設、公民館などの周辺道路上。内訳は、無料の駐車区間が356か所、パーキングチケットを使い有料で1時間の駐車ができる区間が6か所。それぞれ専用駐車区間であることを示す標識=写真(下は有料区間)=が立てられる。福島県や宮城県、神奈川県などでは30か所近い駐車区間が整備されたが、大阪府や岐阜県、愛媛県などのように1か所しか設けられないところもあった。

続きはこちら・・・
23 : 26 : 34 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
福祉用ロボットスーツを装着体験、松江
2010 / 04 / 14 ( Wed )
福祉用ロボットスーツを装着体験、松江

 高齢者や障害者の日常動作をアシストし、医療・福祉現場で注目されている「ロボットスーツHAL」(福祉用)の装着体験が14日、松江市新庄町の介護老人保健施設ライフケア回春苑であった。施設職員の2人が実際に装着し、世界初のサイボーグ型ロボットの威力を体感した。

 披露されたロボットスーツは装着者の筋肉の動きと一体的に関節を動かし、「立つ、歩く、座る」といった自立動作を支援する。筑波大学大学院の研究者らが開発し、両脚モデル(約11キロ)と単脚モデル(約6キロ)の2種類がある。

 このロボットスーツを代理販売するメーカーによると、中国地方では広島や山口などの医療・介護の現場で導入が進んでいるという。

続きはこちら・・・
23 : 17 : 03 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
授産施設の商品 販路拡大を支援 大分県がHP開設
2010 / 04 / 13 ( Tue )
授産施設の商品 販路拡大を支援 大分県がHP開設

 県は、障害者の授産施設で生産された商品の受注をインターネット上で受け付けるホームページ(HP)「おおいたイチオシ家族」を開設した。商品の売り上げを増やし、障害者の自立を後押しするのが狙い。ネット販売を個別に行う授産施設はあるが、県内の全施設を対象にした取り組みは初めて。

 県によると、県内には授産施設が約170カ所あるが、スーパーなどへの個別の営業では販路開拓が進まずに商品の売り上げも伸び悩んでいるという。2008年度の1人当たりの平均工賃は月額1万3607円にとどまっている。

 このため、「イチオシ」の商品を幅広く紹介するHPを開設。授産施設17カ所の96商品を紹介している。購入希望の商品をネット上で指定し、指定の金融機関に料金を前払いすると、1週間以内に商品が配送される仕組みになっている。

 県の委託を受け、システム開発会社「三菱商事太陽」(別府市)がHPを管理。障害者に働く場を提供する「太陽の家」が運営するスーパー・サンストアが販売を代行する。授産施設が気軽に出品できるように、出品手数料は必要なく、顧客への配送や決済もサンストアが行う。

続きはこちら・・・
21 : 23 : 40 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者、18日演奏会 岩国
2010 / 04 / 12 ( Mon )
障害者、18日演奏会 岩国

 岩国市内の音楽好きの障害者たちが18日、岩国市のJR岩国駅西口コンコースで開かれる「みんな輝け!ひかりコンサート」で歌や楽器演奏を披露する。ステージは初めてという人も多く、張り切って練習を重ねている。

 同市室の木町、障害者の就労支援事業所「しらかば園」の利用者で19~26歳の5人。職員が希望者を募ったところ自ら申し出た。職員2人を加えた7人編成で、キーボードとギター、タンバリンの音楽に合わせ「世界に一つだけの花」など2曲を歌う。

 コンサートは、障害者に気軽に音楽を楽しんでほしいと、市内の福祉施設職員や経営者たちでつくるグループ「コンチェルト」が企画。昨年春から6回、障害者のためのコンサートを開催。障害者が出演するのは、今回が初めて。

続きはこちら・・・
17 : 54 : 32 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「いずみの家」のパン好評 上山、売り上げ2年連続1000万円達成
2010 / 04 / 10 ( Sat )
「いずみの家」のパン好評 上山、売り上げ2年連続1000万円達成

 上山市の知的障害者通所授産施設「上山いずみの家」で利用者が作ったパンやクッキーが好評だ。2009年度の売り上げは08年度に続いて目標額の 1000万円を達成。低価格でおいしいことが市民の間で評判となっており、利用者の励みになっている。

 同施設では利用者31人がパンやクッキー、ラスクなどを製造している。08年1月、施設内に販売店を設置。さらに食品加工室を増築するなどして販路拡大を図り、08年度の売り上げは前年度比50%増の約1150万円に達した。09年度の売り上げはさらに伸びて1270万円となり、2年連続で目標を達成した。

 市内の企業や病院、銀行など15カ所のほか、100世帯以上の個人に出張販売。さらにスーパーにも納品し、県総合療育訓練センターや市社会福祉協議会で販売日を設けるなどして固定客を獲得している。その人気ぶりは利用者の励みになっており、同施設の堀川栄助施設長は「地域の方々から支えられてここまできた」と感謝の気持ちを語る。

続きはこちら・・・
14 : 32 : 45 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
似顔絵入りTシャツで福祉支援、大津幼稚園でお披露目/横須賀
2010 / 04 / 09 ( Fri )
似顔絵入りTシャツで福祉支援、大津幼稚園でお披露目/横須賀

 横須賀市大津町3丁目の大津幼稚園(室北玲子園長、158人)で9日、先生たちの似顔絵入りTシャツが園児たちに披露された。障害者の自立を支援するNPO法人「ジョイフルワーク」が地域作業所に作業の一部を依頼し、同園に購入してもらった。園児たちも本人たちが着た笑顔の似顔絵Tシャツを見て、「かわいい」と喜んでいた。

 似顔絵は、同法人メンバーの会社員が室北園長を含め同園の先生16人を描いた。愛称とともに左胸にプリントされ、背中には幼稚園名がある。

 同法人が取り組んでいる、障害者の仕事を創出する活動の一環。今回はあまね共同作業所(舟倉)の利用者がスクリーン印刷した似顔絵などをプレスして固定する作業を担当した。同園の室北篤郎理事長は「似顔絵はネームプレート代わりになるし、園児も親しみを感じるのではないか。社会貢献にもつながればと思い、頼んだ」と話す。

 ピンク色の似顔絵Tシャツは9日の始業式で初めて披露されたが、園児たちも興味津々。年長組の男児(5)は「笑っているのがかわいい。似合っている」と好感を持っていた。

続きはこちら・・・
22 : 14 : 03 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害児の放課後ケア拡充
2010 / 04 / 08 ( Thu )
障害児の放課後ケア拡充

 周南市は市内に2カ所ある山口県立総合支援学校の児童、生徒の放課後ケアに力を入れる。障害がある子どもを保護者が安心して預けられる場所を4月から倍増の4カ所に拡充。共働きの保護者が増える中、2011年度には小学1年~高校3年の全学年受け入れを実現する方針だ。

 「障害児タイムケア事業」で、8日、新たに受け入れ場所となった2カ所のうちの一つ、市障害者デイサービスセンター(古川町)で開所式があった。利用する5人のうちの2人と保護者、担当職員が出席。14歳の長男を通わせる近くの会社員三浦真美さん(47)は「これまで私の親や妹に面倒を見てもらっていた。みんなが楽になる」と喜んだ。

続きはこちら・・・
22 : 29 : 46 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者施設「三菱商事太陽」がネットに出店
2010 / 04 / 07 ( Wed )
障害者施設「三菱商事太陽」がネットに出店

 三菱商事と社会福祉法人「太陽の家」が共同出資するIT(情報技術)企業「三菱商事太陽」(別府市)は4月から、県内の障害者施設約20カ所の商品や県の物産品を販売するインターネットのショッピングサイトを開設。観光スポットなど大分の一押し情報も紹介している。徳田泰彦社長は「障害者施設の販路拡大をサポートし、元気な大分を発信したい」と話している。

 同社は雇用創出のための国の交付金を利用した「県ふるさと雇用再生特別基金事業」で、サイトの運営や制作サービスを行うスタッフとして障害者2人を含む5人を新規採用した。
 インターネットでの販売は顧客が全国に広がり、注文や支払いの手続きが簡単。リピーターも期待でき、施設で働く障害者の収入アップを目指す。
 サイトは独立店舗型。太陽の家が運営する「サンストア」のコーナーでは、クッキー、漬物、木のおもちゃなど県内の各障害者施設が作った個性豊かな約90の商品を販売している。関さばやシイタケなどを扱う5店のコーナーもある。

続きはこちら・・・
23 : 15 : 51 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者 接客学ぶカフェ
2010 / 04 / 07 ( Wed )
障害者 接客学ぶカフェ…就職支援NPOが兵庫県庁にオープン

 知的障害や精神障害のある人が働きながら接客術を学ぶ喫茶コーナー「カフェ・セルプ」が5日、神戸市中央区の兵庫県庁2号館1階にオープンした。障害者の就職支援に取り組むNPO法人「兵庫セルプセンター」(同区)が県の委託で運営。障害者が最長6か月間、パンを販売したり、県庁内に弁当を配達したりしてコミュニケーション能力を磨き、就職に生かす。

 同センターが県内の作業所や福祉施設から障害者を公募し、3人が従業員として勤務。約20種類のパンやコーヒー、弁当、作業所製のお菓子などを販売する。

 この日、井戸知事らがテープカットをして祝福。開店と同時に県職員がパン売り場の前で行列をつくった。同NPOの小川美知子理事長は「県庁だけでなく一般の方にも利用してもらい、障害のある人との交流の場にしたい」と話している。営業時間は平日午前10時~午後5時。

続きはこちら・・・
00 : 33 : 08 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
車いすでもお出掛け安心
2010 / 04 / 05 ( Mon )
車いすでもお出掛け安心

【観光情報サイト開始】

 車いすで観光地を巡りたい――。
そんな障害者の思いを手助けしようと、県内の観光施設の通路の幅やトイレなどの情報を掲載したウェブサイト「ばりかん!滋賀」(http://barikan-shiga.net/)が4月からオープンした。観光案内のページは数多いが障害者に必要な情報は乏しく、「それならば」と車いす生活の人たちが自ら調査。「家に閉じこもりがちな障害者が、積極的に外に出るきっかけになれば」と期待している。

【NPOの障害者ら作成/トイレ有無・通路幅など掲載】

 サイトを作成したのは県脊髄(せき・ずい)損傷者協会の会員らでつくるNPO法人アイ・コラボレーション。先につくった「ばりかん!京都」(http://www.barikan-kyoto.net/)の滋賀版だ。中心メンバーの山本英嗣さん(42)はオートバイ事故で車いすの生活になった。「出かけた場所にトイレがなかったら、という不安から引きこもってしまう人もいる。車いすでも大丈夫とわかれば外出の機会が増え、社会参加が広がるはず」と話す。

続きはこちら・・・
13 : 36 : 07 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障害者アートの新拠点「エクル」開館へ/藤沢
2010 / 04 / 04 ( Sun )
障害者アートの新拠点「エクル」開館へ/藤沢

 童画家の故・黒崎義介さんの寄付で設立された知的障害者支援施設「よし介工芸館」(藤沢市遠藤)に17日、別館「アートスペース『エクル』」が開館する。現施設が手狭になったため、近くの元郵便局の建物を借りて改修した。エクルでは、黒崎さんの遺志を継いで障害者アートの普及活動を行う。

 黒崎さんは長崎県平戸市の生まれ。1952年に藤沢市鵠沼海岸に転居した。84年に79歳で亡くなるまで、藤沢を拠点に童画界の重鎮として活躍した。地域とのかかわりも大事にし、自宅は86年、夫人によって「市精神薄弱者(児)育成会」に寄付されて同工芸館となった。

 同育成会は88年に社会福祉法人・藤沢育成会に衣替えした。事業活動の拡大に伴って工芸館の敷地を売却。94年、現在地に法人本部を新設し、工芸館は1階に入居した。現在64人が機織りと木版画のほか、タオルたたみや割りばしの袋詰めなどに取り組んでいるが、ここも手狭になったため、エクル開館を決めた。

続きはコチラ・・・
21 : 46 : 26 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
南紀あけぼの園の利用者が住民宅訪問
2010 / 04 / 03 ( Sat )
地域で暮らそう 南紀あけぼの園の利用者が住民宅訪問

 和歌山県上富田町岩田、県福祉事業団南紀福祉センター知的障害児施設「南紀あけぼの園」の利用者は、将来地域で生活できるように住民宅を訪れ、生活のマナーを身に付けたり、人付き合いを学んだりしている。

 2005年から始めた園の取り組み。地域の一員としての意識を高めるとともに、家庭的な雰囲気を味わう意味もある。自分を受け止めてくれる場所が地域にあり、話を聞いてもらうことで自信にもつながるという。

 訪問先は、地区内の元小学校校長、田浦繁行さん(68)と元養護教諭の陽子さん(67)夫妻の自宅。南紀あけぼの園職員の知人だった田浦さんの協力を得て月2回程度行っている。園の利用者は期間を決めて交代で通っている。子どもたちが心を開放する場になっており、育っていく先輩の姿も目標にできるという。

 昨年秋から通っている支援学校高等部生2人は、田浦さん夫妻とかるたやトランプ、折り紙、雑談などを1時間半程度楽しんでいる。マナー面にも気を遣い、訪問前には服装が整っているか確認し、園の職員に帰る時間を告げる。訪問先でのあいさつも心掛け、園に戻ったら田浦さんに帰ったことを告げる電話もする。

続きはこちら・・・
23 : 42 : 34 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「育成に協力を」 ライトハウス育てる会、JR高松駅前で募金活動
2010 / 04 / 02 ( Fri )
盲導犬:「育成に協力を」 ライトハウス育てる会、JR高松駅前で募金活動 /香川

 香川や徳島県内の盲導犬ユーザーらが、JR高松駅前で「盲導犬育成に協力を」と募金を呼び掛けた。四国では初めての街頭募金活動だという。

 日本ライトハウス盲導犬を育てる会が主催。盲導犬ドリーム(メス、9歳)と8年間暮らす高松市新田町、野川さえ子さん(58)が高松での募金準備を引き受けた。「盲導犬は私のすべて。心の支えであり、体の一部でもある。一緒にいないと心細い」といい「一人でも多くの人に盲導犬と暮らしてもらいたい」と話す。県障害福祉課によると、県内で活動する盲導犬は7頭。

続きはこちら・・・
21 : 42 : 54 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
福祉会館がオープン、子育てなど地域活動の拠点に /平塚
2010 / 04 / 01 ( Thu )
福祉会館がオープン、子育てなど地域活動の拠点に /平塚

 お年寄りや障害者、子育て中の母親らが集い交流を深める地域福祉の拠点として、平塚市西部福祉会館(同市公所)が1日、オープンした。市内4番目の福祉会館で、平塚での拠点づくりはこれで完了した。

 会館は鉄筋コンクリート造り2階建てで、延べ床面積は約2千平方メートル。2007年度に着工し、総工費は約9億7千万円に上った。 1階には子育てサロンがあり、専門家による育児相談などを受け付けるほか、障害者団体がお菓子や軽食を販売するショップも開いている。2階では、市内在住の60歳以上や障害者、その家族などが利用できる老人福祉センターが運営され、入浴や娯楽などが楽しめる。

続きはこちら・・・
22 : 54 : 03 | 障害福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。